記事

「初の女性大統領は誕生するか」カマラ・ハリスとヒラリー・クリントンの決定的な違い

1/2

2021年1月、アメリカ初の女性副大統領が誕生する。ここで思い起こされるのは、2016年に女性として初めて米大統領選を戦ったヒラリー・クリントンだ。次期副大統領のカマラ・ハリスとヒラリー・クリントンはどう違うのか、カマラ・ハリスが今後、大統領になる可能性はあるのか。長く現地で米大統領選を追ってきた渡辺由佳里さんが解説する。

予備選中にニューハンプシャー州でスピーチするカマラ・ハリス
予備選中にニューハンプシャー州でスピーチするカマラ・ハリス - 撮影=渡辺由佳里

2016年の“トランプショック”

2016年の大統領選挙では、多くの大手メディアがヒラリー・クリントンの勝利を予測していた。実際にヒラリー(ビル・クリントンと識別するために、ここではヒラリーと表記する)は投票数では対立候補のドナルド・トランプより300万票も多く獲得し、これは、大統領候補としてアメリカ史上最高記録だった。それにもかかわらず、アメリカ独自の「選挙人制度」によってヒラリーは敗北した。これは、ヒラリー個人だけではなく、「初めての女性大統領の誕生」を夢見ていた高齢女性たちにとって大きな打撃だった。

アメリカの憲法に婦人参政権を認める改正(憲法修正第19条)が批准されたのは1920年8月のことで、そう昔のことではない。2016年の大統領選挙では、母親が参政権を得るために戦った世代の高齢女性たちが「自分の生きている間に、女性が大統領になるという歴史的な瞬間を体験したい」とヒラリーに票を投じるニュースをよく見かけた。ゆえに、仕事で実力を示してきた女性候補が「スターだったら何でもやらせてくれる。女性器をわしづかみにすることもできる」と発言した男性候補に敗北したのは、何重にもショックなことだった。彼女たちにとっては、女性として差別され、抑圧されてきた自分たちの人生から希望を奪い取る出来事でもあったのだ。

「女性大統領のほうが国にとって良いと思う」と語ってくれた銃規制を求める父と娘のペア
「女性大統領のほうが国にとって良いと思う」と語ってくれた銃規制を求める父と娘のペア - 撮影=渡辺由佳里

知られざる、アメリカのヒラリー人気

ネガティブな報道ばかりが伝えられているせいで特に日本で誤解されているところがあるが、ヒラリーは決して「人気がない政治家」ではない。情熱的な支持者が多い大スターだ。ヒラリーが書いた本は、必ずといって良いほど記録を塗り替えるベストセラーになり、本のサイン会には情熱的なファンが何時間も長蛇の列を作る。特に黒人女性の間でのヒラリーの人気は高く、彼女の政治集会で、「ゴー、マイガール!」と大声で声援を送っていた黒人女性たちをみかけた。

2016年の大統領選でスピーチするヒラリー・クリントン
2016年の大統領選でスピーチするヒラリー・クリントン - 写真=渡辺由佳里撮影

大統領選に敗北した後でも人気は続いており、ヒラリーがハイキングしているところに遭遇した子連れの若い母親が一緒に記念撮影をしたことがニュースになったことがある。その時にヒラリーが着ていたパタゴニアのフリースジャケットまでもが話題になり、誰かが過去のヒラリーの写真を検証したところ、彼女が少なくとも21年同じジャケットを着続けていることが判明した。それに続いてパタゴニアのジャケットを欲しがる人が増えた。パタゴニアは収益の一部を環境保護団体に寄付することで知られる「地球に優しい企業」だが、このヒラリーのニュースのおかげで、約10億円の資金を集めることができたという。

ハリスだけが持つ、他の女性候補にない魅力

27人の候補が乱立した2020年の民主党の予備選では、女性候補が6人いた(カマラ・ハリス、エリザベス・ウォーレン、エイミー・クロブチャー、カーステン・ギリブランド、トゥルシ・ガバード、マリアンヌ・ウィリアムソン)。私はクロブチャーを除く上記5人の女性候補の政治集会に行って言葉も交わしたが、ヒラリーほど情熱的なファンが多い候補はいなかった。

2019年5月の集会で、筆者夫妻と写真に納まるカマラ・ハリス(写真=筆者提供)
2019年5月の集会で、筆者夫妻と写真に納まるカマラ・ハリス(写真=筆者提供)

とはいえ、将来ヒラリーに匹敵するようなカリスマ性を発揮する可能性を示した候補はいた。それはハリスだ。ニューハンプシャー州での少数限定の政治集会のステージにハリスが現れたとき、多くの人が口々に「大統領の風格がある」とささやいた。ここまではヒラリーに似ているが、他の女性候補にないハリスの魅力は、女性のみならず男性にも「一緒にビールを飲んで語り合いたい」と思わせる「親しみやすさ」だった。深刻なテーマについての質問には素早く鋭利な回答をするが、家族や趣味の話などになるとまるで長年の友人のように笑顔でおしゃべりをする。この「人懐っこさ」は、ヒラリーに欠けていたものだ。

だが、それ以上に、2人は大きな違いがある。それは、ヒラリーが「ビル・クリントン」という大きな荷物を抱えていたことだ。

もし、ビルに出会わなければ……

ヒラリーがビルに出会ったのは、イェール大学のロースクール(法学大学院)でのことだった。当時のロースクールは男性中心で女性に対して差別的だったのだが、ヒラリーはエリートが集まっていたこのロースクールで「最も優れた学生」として名が知られていた。ヒラリーに惚れ込んで何度も求愛して断られ、それでも諦めなかったのはビルのほうだ。もしヒラリーがビルに出会わなければ、彼女自身が著名な政治家、あるいは大統領になっていたのではないかと想像する人は少なくない。

だがそれはパラレルワールドのヒラリーである。現実ではヒラリーはビルに出会い、結婚し、南部のアーカンソー州で州知事夫人になり、大統領夫人になった。その後、ニューヨーク州選出の上院議員になり、2008年には大統領選挙の予備選でバラク・オバマと激戦して破れ、オバマ政権で国務長官になり、2016年には民主党指名候補として再び大統領選挙に出たがトランプに破れた。上院議員以降のヒラリーのキャリアは、彼女自身が作ったものである。だが、男性政治アナリストから「大統領夫人でなかったら上院議員になんかなれなかった」と揶揄(やゆ)されたりもした。

あわせて読みたい

「カマラ・ハリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。