記事

医療崩壊 コロナは完全に治す治療はないけどほぼ防げる病気 だから医療者は言い続ける

忽那先生の3連休前の記事です。



これを受けたわけではないですが、この日本における医療崩壊についてFBでの議論が行われ、少し私も整理できましたのでここに書きます。

この記事で引用されている医療崩壊の定義は
>医療崩壊とは、一般的には「必要とされる医療」が「提供できる医療」を超えてしまうことを指します。
普段の診療体制では救える命も救えなくなってしまったこと

具体例として
>・救急車の搬送先がなかなか見つからない
>・心筋梗塞・狭心症の治療が行われなくなる
>・がんの診断が遅れる
などがあげられています。詳しい内容の説明はこの記事にしっかり書かれているためこれ以上の引用はしません。

では日本において「医療崩壊」したらどうなるのでしょうか?おそらくですが、今行われている欧米と比べて患者さんに手厚い「提供できる医療」、少し過剰な部分もあるいわゆる患者接遇というおもてなしの医療を受けられなくなることが想定されます。

いつでも本人の希望でそこまで待たずに好きな病院にかかれる
いつでも救急車がすぐに適切な病院に連れて行ってくれる
高い確率で素早く適切な医療がほぼ全国で行われる

これらの今ぎりぎりの状況で行われている日本における「標準的医療」が、時間、人、物の制限を受け、最悪ロシアのようになると言うことです。

ツイートしました。
この医療の変化を受け入れるかどうかは国民の行動にかかっています。なにせ心筋梗塞や脳卒中などのその他の生活習慣病から生じる疾患の予防に比べて、コロナ感染の予防はちゃんとやればほぼ必ず減ると言う結果がついてくるからです。繰り返しですが医療者がコロナ予防について過剰なまでに反応するのは、

コロナは完全に治す治療はないけど、ほぼ防げる病気だからです。

今の日本の医療レベルを最悪維持して救える命のレベルを維持したい。それだけのためこの「医療崩壊」という言葉が巷で乱立しているのです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。