記事
  • ロイター

小売販売10月は前年比6.4%増、増税の反動で8カ月ぶりプラス=経産省


[東京 30日 ロイター] - 経済産業省が30日に発表した10月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は前年比6.4%増となった。ロイターの事前予測調査でも6.4%増が予想されていた。昨年10月は消費増税の直後で大きく落ち込んでいたため、ことし2月以来8カ月ぶりの前年比プラスとなった。

<内食需要好調、巣ごもりでペット販売も増加>

業種別では機械器具、自動車、無店舗小売り、飲食料品、医薬・化粧品などが伸びた。エアコンや冷蔵庫、家庭用(内食)食品、マスク・除菌製品などが好調だった。自動車などは前年増税で落ち込んだ反動が大きいが、「コロナ禍による巣ごもり・在宅需要もみられる」(経産省幹部)。

業態別ではスーパー(前年比5.8%増)や家電量販店(同29.0%増)、ドラッグストア(同7.3%増)、ホームセンター(同9.5%増)が増加し、百貨店(同2.5%減)やコンビニエンスストア(同3.3%減)などが減少した。スーパーは内食関連が好調を維持、コンビニはオフィスで食べる需要が減ったために弁当類の不振が続いている。

ホームセンターでは除菌製品やペットの販売が伸びており「巣ごもり需要ではないか」(経産省幹部)とみられる。

(竹本能文)

トピックス

ランキング

  1. 1

    感染減 季節性よりGoToが要因か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  3. 3

    日本は親の資産で人生決まる国に

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ワクチン接種に消極的な日本人

    島田範正

  5. 5

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  6. 6

    日銀総裁 財政状況は極めて深刻

    ロイター

  7. 7

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  8. 8

    マホト恋人の今泉が出した答え

    文春オンライン

  9. 9

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  10. 10

    公明党のホープ 宣言下に銀座へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。