記事

議会開設130年記念式典で民主主義の重みを噛みしめるも、共産党は欠席。暴力革命の歴史と、その危険性とは?

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は参議院本会議場にて、天皇皇后両陛下・眞子内親王殿下が御臨席の元、議会開設130年記念式典が行われました。

明治23年の開設以来、立ち止まることなく大正・昭和・平成そして令和へと紡がれてきた議会と民主政治の歴史に、改めて感謝をしつつその重みをかみしめることができました。

歴史の教科書で多くの人が勉強した通り、我が国に議会が誕生したのは自由民権運動の高まりを受けてのものです。

その最大のシンボルとも言えるのが「民撰議院設立建白書」ですが、口語訳をすべて読んだことがある人は少ないと思いますので、ぜひ上記のTweetリンクから一読されることを強くオススメいたします。

「口語訳でも難しい!つまらん!」

という方は、こちらの関西弁バージョンがめっちゃ秀逸です。

民撰議院設立建白書(関西弁版)
https://tax-cuts-news.blog.jp/archives/7348971.html

提案書「国会作らなあかんやろ」

前から言うとんのやけど、国会作らなあかんと思うわ

政府におった時に偉いさんにも言うたんやけど「ヨーロッパ行っとるもんがいろいろ調べたりしとるから、帰って来てからでええやん」言いよる

そやけどそいつら帰ってきても全然話進まへん

全国でぎょうさんの人が「こんなんおかしいやろ」ってわーわーいうとるわ

このままやと日本がめちゃくちゃになるんちゃうかって心配やわ

それもこれも「国会が無いことがあかんのとちゃうか?」と思うんや

そやでちょっと話聞いてくれへんかな…

(中略)

だいたいやで、国民は政府に税金払ろとるんやから、政府のやることに文句や意見が言えるんが当然や

こんなもん当たり前の話やで

いくら官僚でもこれを違うとは言えやんやろ

それとあれや

「国会作らなあかん」言うと

「いやいや、国民はアホやからそんなもんの話聞いとったら国がメチャクチャになるで」言うて反対するヤツおるやろ

あれもおかしいわな

国民がアホや言うなら、いろいろ教えたって賢こうなるようせなあかん…(後略、上記リンクより引用抜粋)

こんな感じでとてもおもしろく大事なエッセンスが読めますので、ぜひ民主主義の原点に触れてもらえると嬉しいです。

さて、天皇皇后両陛下も御臨席されるこうした式典に、唯一欠席をした公党・会派があります。

はい、共産党ですね。

産経新聞の記事によると、欠席理由は「戦前の帝国議会と戦後の国会の歴史を厳格に区別していない」とのことですが、岩田温先生が指摘する通り共産党は1950年代に明確に暴力革命の道を選び、様々な事件を引き起こしてきた歴史的事実があります。

これを「分派が勝手にやったこと」と無理やり整理して反省もしていない政党・団体が、歴史を理由に式典や議会を批判するなどありえないことです。

私は共産党の議員・党員にも人格的に素晴らしい方はいらっしゃると思いますが、皇室や自衛隊・日米同盟などの我が国の根幹部分を否定し、自らの歴史を顧みずに民主主義を踏みにじる態度を取れる「共産主義」は、いまだに我が国にとって明確な驚異であると認識しています。

共産、現在も破防法対象団体 政府答弁書(日経新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66466100Q0A121C2000000

先般もニュースになった通り、いまだに共産党は破防法における調査対象団体であり、政府は「暴力革命の方針に変更はない」と断じています。

「あれは分派が勝手にやったこと」という共産党の公式見解も、1951年に開かれた第5回全国協議会で暴力革命路線を規定した「51年綱領」が採択されていることからも、苦しすぎる言い訳としか言いようがありません。

こうした危険性をはらむ政党と安易に野党第一党が選挙協力をし、政権構想までともに抱こうとしていることの危うさについては、これを機にぜひ有権者の皆さまにも認識をいただきたいと強く思います。

ともあれ、天皇陛下位は毎定例会の開会式に御臨席されるものの、天皇皇后両陛下が揃って参議院本会議場に御臨席される姿を見るのは初めてで、ぐっと心にこみ上げるものがありました。

130年の歴史を繋いできた国会の一員として働いていることを誇りに、守るべきは守りながら、より一層この国の民主主義と社会を発展させるよう明日からも全力で活動して参ります。

それでは、また明日。





音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「日本共産党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  7. 7

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  8. 8

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。