記事

ペットショップの「コロナ特需」と売れ残った動物たちの末路

1/2
世界中でペット需要が高まっている(イメージ)

 もともと動画SNSで動物、ペットは人気のジャンルだったが、新型コロナウイルスの感染拡大によってその傾向に拍車がかかり、リアルでペットを家に迎えたい人も世界中で増えている。日本のペットショップという業態そのものが動物愛護団体から批判を受けがちなこともあり、その好況が伝えられることは少ないが、ペット用品やペットフード、もちろんペットそのものも売れ行きが好調だという。ここで気がかりなのが、動物という成長する生き物を相手に、日用品のような在庫管理や棚卸しはできないはずということだ。俳人で著作家の日野百草氏が、元ペットショップ店員に「生体(せいたい)販売」の裏側を聞いた。

【写真】ミックス犬は見た目が極めて重要

 * * *
「売れ残った子の行方ですか……」

 元ペットショップ店員、池野日奈子さん(31歳・仮名)の目が泳ぐ。現在はIT系の会社に勤めている池野さんは以前、ホームセンターにテナントで入っているペットショップの販売員をしていた。打ち合わせ後の雑談で日ごろの疑問を投げてみた。あの売れ残った子たち、犬や猫は、どこへ行くのか。

「これはご存知だと思うんですけど、まず値段を下げます。下げればお迎えがくる(筆者注:売れること)こともあれば、どんなに下げてもお迎えのない子もいます」

 池野さんは契約社員だったが店舗の管理なども任されていた。店にもよるのだろうが正社員の店長はいくつかの店を兼任しているため普段は契約やパートの非正規が中心だったという。実質的な責任者が非正規雇用というパターンは、この手の量販ペットショップでは珍しくないとも。

「動物取扱責任者って誰でもなれますからね。私だって何の知識もなかったけど半年働いただけで要件満たしましたよ」

 この辺、池野さんの知識は古い。ペットショップ開業に必要な行政への届け出の一つである動物取扱責任者には、これまでは業務に関する資格、実務経験、専門の教育機関を卒業の、いずれかを満たせばなることができた。だが今年6月1日の改正で「公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること」が加わり、別途動物に関する資格が必要になった。学校を卒業しただけ、実務経験だけでは責任者になることができなくなったのだ。動物の販売や展示が認められる資格は約20あり、すべて民間団体によるものだ。

「そうですか。でもリスト見るとなんでもいいみたいですね。これの3級なんか落ちる人いませんよ」

 池野さんが私のタブレット上で指差したのは家庭動物管理士の項目だ。池野さんの時代は家庭動物販売士と言った。合格率は80~90%で落とすための試験ではない。現在は半年以上の実務経験(かつ常勤)と各種資格のどれかひとつが必要になるが、実際のところ、いまでも容易なのは池野さんの言う通りだろう。

「とにかく言いたいことは、そんな程度でも命を販売する責任者になれるって国なんです。事前講習で答えをほとんど教えてくれる試験を受ければ1日で取れます」

 あくまで池野さんの意見で、現在では少し難易度は上がっている。ここでは池野さんの話に合わせて家庭動物管理士についてのみ言及したが、愛玩動物飼養管理士というのもある。他にもペット関係の民間資格はたくさんある。これらの大半は先の「公平性及び専門性を持った団体」の資格として国のお墨付きを得ている。

「この業界で別格は獣医師だけです。極端なこと言うとペットショップで働くのに資格なんかいりません」

 そう、結局のところ雇われてペットショップの店員をするだけなら何の資格もいらない。バイトでもなんでも、採用されれば誰でも命の販売員になれる。

「むしろ何も知らない若い子のほうが都合がいい。あとは割り切って仕事してくれるおばさんですね。古い世代の、お迎えのない子の末路なんか気にしないタイプの人です。犬好き猫好きは辞めますよ。そんなことない愛してるってベテランは嘘つきだと思います。それか、愛してるけど仕事だから苦しめてもいいっておかしな人ですね」

ミックス犬はホームセンターや田舎のモールで人気

 池野さんの意見は感情に先走った極論の嫌いもあるが、あくまでビジネスと割り切る人だけが残るということは確かだろう。幼い犬や猫が狭いショーケースに入れられ、育つにつれてスーパーの見切り惣菜のように値下げされ、最後は利益度外視で「誰でもいいから持ってって」となる。しかしスーパーの惣菜は安ければ、食べられればいいという見切り目当ての客で売りさばけるが、犬や猫はそうはいかない。安ければ、飼えればいいなんて人はペットショップで購入する客では少数派だろう。漫画のようにブサイクな猫と運命的な出会いをする初老の紳士が現れてくれたら、そんな奇跡が年がら年中起これば別だろうが――。

「種類(筆者注:犬種・猫種)の好みはもちろん、柄や性格もいろいろですからね。お客さんがピンポイントに気にいる確率が低いのは当然です」

 これは譲渡会や保健所でのお迎えの普及しない理由でもある。猫はともかく、犬の場合はとくに犬種によって容姿やサイズも様々、飼い主によって好みも事情も違ってくる。犬なら何でも好きです何でも飼います、飼えますは少数派だろう。

「タレントが飼ってたとか有名YouTuberが買ったアメショー(猫種・アメリカンショートヘア)を見たからとか、そんな理由で買う人もいます。わからないから、とにかく店頭に並べるんです。みんな生きてる子なのにね。そして売れ残る」

 池野さんによればお店や地域によっても売れ筋は変わってくるという。

「血統書つきの犬とか珍しい犬とかが絶対じゃないんです。ホムセンに入ってるペットショップの売れ線は世間で流行ってるか、可愛いかどうかなんです。ミックス犬は見た目が大事って人たちにウケます」

 常々、ミックス犬とはどんな人が買うのかと疑問だった。決して安いわけでもない。むしろ純血種と変わらない値段だったりする。

「JKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)ではまず認めないような子です。言い方が悪いかもしれませんが雑種ですね」

 気を悪くするかもしれないがミックス犬が雑種であることは事実である。個々人のお気持ちだけで現実は変わらない。血統書つきの子と比べての上下や優劣の話ではない。

「でもホムセンとか、田舎の(ショッピング)モールだとミックスは人気なんです。そういうところだと見てくれが可愛いければいいんです」

“そういう子”を作り出しているのは儲かればいい一部の悪質ブリーダーだ。わざわざ他種交配でミックス犬という名の雑種を作り出す。要するに産ませる。

「血統書つきの女の子でスタンダードからかけ離れてる子や柄の悪い子で売れ残った場合、それを純血種同士で繁殖犬にするよりはミックスにしたほうがいいと聞いています。でも血統書つきの子のほうがひたすら値下げして、各店舗を回せば売れますけどね」

あわせて読みたい

「ペット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  7. 7

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

  8. 8

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  9. 9

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  10. 10

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。