記事

伊東順子『韓国 現地からの報告』

1/2

 リモート読書会で伊東順子『韓国 現地からの報告──セウォル号事件から文在寅政権まで』(ちくま新書)を読んだ。


韓国 現地からの報告 (ちくま新書)

  • 作者:伊東 順子
  • 発売日: 2020/03/06
  • メディア: 新書

 韓国に住んでいる著者が話題ごとに書いた短い文章の集まりなので、当然様々なことを考えたのだが、一番印象に残ったのは、実は「慰安婦」問題での日韓合意と徴用工判決というド硬派な部分だった。

通俗に流されない、基礎にある確かなロジック

 「慰安婦」問題での日韓合意は、岸田外相(当時)の声明をきちんと載せていたということだ。改めて読んで、そこに

安倍内閣総理大臣は、日本の内閣総理大臣として改めて、慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒し難い傷を負われた全ての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する。

という文言があり、新しく設立する財団には日本が予算を一括して拠出することが書かれている。

 この声明自身は政府が予算を出し、総理大臣が「おわびと反省」を表明するというのは、河野談話の路線であり、決して悪いものではないことが説得的に示される結果になる。

 伊東は、街場の議論では日本の市井にいる「ふつうの」人々が、この声明をろくに読んでいないことをあげて、「心からのおわびと反省」に反する行動が日本政府側にあるのではないかという点で丁寧にその矛盾をついていく。

 つまり、伊東の議論は緻密なのである。

 こうした「現場・現地」レポートというのは、ざっくりとした感覚を紹介することに主眼が置かれるために、その基礎にある認識が粗雑になる場合がある。しかし、伊東の場合はそこに厳密さがある。それがこの本の揺るぎなさ、確かさの源泉になっているように思われた。

 徴用工問題でもそうだ。

 左翼的論調ではこれを「個人の請求権は失われていない」という問題にしていってしまう。

 しかし、伊東は、個人請求権が消滅していないという弁護士のコメントや西松建設での和解のケースなどを紹介した上で、

「法律的には解決済みでも、人としてやることは終わっていない」──というのが、私の意見だった。一企業と昔の従業員という関係の中で、謝罪や和解が行われるべきだと思ってきた。ところで今回の判決文をじっくり読んでみて、その「解決済み」が危ういものだということに気づいた。(伊東KindleNo.1268-1271)

として、判決文をよく読み直す。そして問題の核心が日韓基本条約だとして次のように述べるのだ。

「条約」には、日韓双方で根本的に合意していない部分がある。それは、「日韓併合」が「合法」か「非合法」だったかという点だ。そこを一致させないまま、あいまいな文章で条約を締結し、国交を回復したのが一九六五年のことだ。(伊東KindleNo.1273-1275)

 日本政府の立場は、「日韓併合」は「合法」であり、したがって請求権協定によって支払われた「無償供与の三億ドル、有償の二億ドル」は「賠償金」ではなく、「独立祝い金」(当時の椎名悦三郎外相の言葉)だとした。つまり、日本政府は賠償の義務を否定していた。なので、今回の件でも散見する「解決済み=賠償は終わっている」という意見は、逆に日本政府の立場とは相反することになる。

 今回の訴訟は「原告らは被告に対して未払賃金や補償金を請求しているのではなく、上記のような(強制動員への)慰謝料を請求している」(判決文)のである。不法な強制動員に対する慰謝料は一九六五年の請求権協定に含まれておらず、それは当時の日本政府自身が認めていたではないか、となる。(伊東KindleNo.1275-1283)

 「合法」前提で払われた過去のお金ではなく、植民地支配(併合)そのものが違法であったことを前提にした判決なんだよということを実に正確に見抜いている。これはすごい、と思った。

 この視点は、松竹伸幸の本を読んだ時に、ぼくもはじめて知って感動したポイントである。

kamiyakenkyujo.hatenablog.com

 伊東が「現地」の市井の声・感情を紹介しながら、通俗感覚で済ませるのではなく、その基礎にしっかりとしたロジックを置いている。そのことが本書(『韓国 現地からの報告』)の白眉であると感じた。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  3. 3

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  4. 4

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  5. 5

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  6. 6

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    海外の超富裕層が集まるニセコ

    fujipon

  10. 10

    キャバが時短無視する本当の理由

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。