記事

斎藤佑樹 早大時代の恩師が明かす「大学3年の異変」の正体

斎藤佑樹の輝きはどこで失われたのか(左は應武監督。時事通信フォト)

 広島・崇徳高校の野球部監督を務める應武篤良(おうたけ・あつよし、62)のもとに、北海道日本ハムの斎藤佑樹(32)から次のようなLINEメッセージが届いたのは11月13日のことだった。

【写真】右手で帽子を触り、訝しげな表情でマウンドから見つめる北海道日本ハムの斎藤佑樹投手

〈(プロ入りして)10年が過ぎました。報道にあるように、ヒジを完璧に戻して来年頑張ります〉

 早稲田実業から早稲田大学に進学した斎藤を、4年間同大の監督として指導した應武は語る。

「律儀な男でね。節目には必ず連絡をよこします。しかし、ここ数年は連絡がある度に、(戦力外の報告ではないかと)ドキッとしますね」

田中がベンツなら、斎藤は軽自動車だった

 プロ入りからの10年間で15勝26敗の成績しか残せず、今季、右ヒジの痛みに悩まされたという斎藤はとうとう一軍登板がなかった。“血の入れ替え”を積極的に行い、大量採用・大量解雇が主流の現在のプロ野球界にあって、斎藤はいつクビとなってもおかしくない立場に違いなかった。だが、手負いの斎藤の現役続行は決定的。しかも来季は治療に専念するという。リハビリ期間を考えれば、少なくとも2年間はクビがつながったかたちだ。

 斎藤のケガの詳細は、右ヒジ靱帯の損傷とも、断裂ともいわれる。当然、應武には報告されているのではないだろうか。

「たとえ靱帯断裂であっても、トミー・ジョン手術(ヒジの靱帯再建手術)のようにヒジにメスを入れる選択肢以外に、様々な治療法がある。また復活してくれることでしょう」(取材後の11月23日、日本ハムの吉村浩GMは斎藤が手術をせず、保存療法で復帰を目指すことを明言した)

 引き分け再試合までもつれた2006年夏の駒大苫小牧との甲子園決勝で、“ハンカチ王子”と呼ばれた斎藤は全国制覇を遂げた。早稲田大に進学すると、1年春から六大学野球の開幕ゲーム(東大戦)に登板し、勝利。リーグ優勝、全日本大学選手権でも優勝を遂げ、秋もリーグ制覇。順風満帆の野球人生を送っていた。

 ところが、高校時代から斎藤を追い続けていた私の目に異変が映ったのは大学3年生だった2009年だ。高校時代は最速149キロだった斎藤の球速が130キロ台にとどまり、変化球も曲がりが早く簡単に見極められてしまう。主将となった4年の秋は、東大戦の敗戦投手となり、慶応大との優勝決定戦までもつれたリーグ戦を制したものの、球威も打者の狙いの裏をかくような投球術も斎藤からは消えていた。

 3年時の異変が、ハンカチフィーバーの終焉、そしてプロ入り後10年間の野球人生に影を落とす要因となっているのではないかというのが私の見立てだ。それを應武に尋ねることが広島に向かった理由であった。

「今だから言える話もある。甲子園でハンカチ王子と呼ばれ出した頃は、“あの身体でプロはないよな”が正直な印象だった。ライバルとされる田中将大(32、ヤンキースから今オフFA)と比べれば、ベンツと軽自動車ぐらい、積んでいるエンジンに差があった。早稲田の学士をとって社会に出ることが彼に相応しい進路だと私は思っていました」

ステップ幅が「6歩半から7歩」へ

 2007年1月に初めて斎藤が大学の練習に参加した時、200人の報道陣が早大の安部球場に集結し、一挙手一投足を追った。應武は戸惑った。

「カメラのクルーだけじゃなく、腕を組んで練習を見つめるだけの部長クラスの人まで斎藤見たさにやってきていた。開幕戦の東大戦に起用したのは、東大戦ぐらいは抑えるだろうと思ったから。いわゆる顔見せだった。明治や法政、慶応が相手なら、木っ端微塵にやられるだろうと思っていました。ところが、けが人が出たチーム状況もあり、その後も斎藤を使わざるを得なかった」

 ファンと報道陣の期待もあり、簡単には斎藤を休ませることもできない。一方で、良い意味で期待を裏切り白星を挙げ続けた斎藤は大学日本代表にも選出され、海外遠征も続いた。

「そして、3年になると股関節を傷めた。もともと股関節が硬いんです。大学野球で対戦する相手投手は、斎藤よりも大きな投手がほとんど。背が大きければ歩幅も大きく、日本の柔らかいマウンドだとどうしても大きな穴が掘れてしまう。斎藤がそうしたマウンドに上がると、自然と踏み込んだ足が穴で滑るようになり、結果、ステップ幅が拡がってしまうんです」

 気付かぬうちにステップ幅が高校時代の6歩半から7歩に広がっていた。それが股関節に負担となっていたのだ。負荷がかからないフォームを、スポーツ科学部で学ぶ学生のトレーナーらと模索するうち、今度は右肩の可動域が狭まり下半身と上半身のバランスを崩した。

「明らかに勤続疲労でした。マスコミも登板を期待するし、本人も『投げさせてください』と言い続ける。私が鬼になって、入学当初から試合に起用せず、下半身強化に時間を割いていれば状況は違ったかもしれない。1年ぐらい肩を休ませても良かった。以降、斎藤は慢性的な股関節の痛みと付き合うことになった」

今でもYouTubeで斎藤を見ている

 高校時代から評論家に指摘されていたのは、投球の際に踏み出した左足が棒のように突っ張ることだ。

「伸びた膝がストッパーになって、体重が打者方向に乗らないから、上体投げになってしまう。股関節が柔らかければ……。本人はここが痛い、あそこが痛いとは言わない子なんです」

 母校・崇徳高校の監督となっても應武は、二軍にいる斎藤のピッチングをYouTubeなどでチェックしている。

「大きくフォームを変えたところはありませんが、試行錯誤のあとが見えるし、悩んでいるのがよくわかる。それでも試合後のインタビューなどを読むと、『良い所が見つかった』と。相変わらず弱音を吐かない男だなと思いますよ」

 在籍10年が経ち、ベテランの域に入っていく斎藤は、3年間勝利がなくとも、右ヒジに爆弾を抱えていても、現役を続けられる。甲子園のヒーローにして、ドラ1である右腕へのこうした厚遇がかえって、他の選手や日ハムファンの反感を買い、斎藤をより難しい立場に追いやっている気もする。

 他球団なら既に戦力外になっていてもおかしくないし、支配下から外して育成契約にし、回復状況を見極めるモラトリアムが設けられてもおかしくない。

「斎藤に(育成選手に与えられる)100番台の背番号が似合いますか? それでユニフォームが売れますか? “あの身体でよくやっているな”が私の率直な感想です。“よくやった”とはまだ言いたくない」

 正念場を迎えている教え子に、強面の應武らしいエールを贈った。(文中敬称略)

●取材・文/柳川悠二(ノンフィクションライター)

あわせて読みたい

「斎藤佑樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  3. 3

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  4. 4

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  5. 5

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  6. 6

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    海外の超富裕層が集まるニセコ

    fujipon

  10. 10

    キャバが時短無視する本当の理由

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。