記事

【ブラックフライデー】、売り場にお客がいない異常事態!18年ぶりに入店のベストバイ?

■米国のトップ100の小売企業のうち80社のオンライン販売をリアルタイムでフォローしているアドビは先月、「2020年アドビ・アナリティクス年末商戦予測(Adobe Analytics Holiday Focast 2020)」を発表した。

これによるとパンデミックの影響でオンライン販売が伸び、11月26日の感謝祭日でのオンライン販売額が前年同日比42.3%の増加となる60億ドル(約6,200億円)に達する。

また翌日のブラックフライデーでもEコマース売上は同39.2%増となる103億ドル(約1.1兆円)となるのだ。サイバーマンデーも35.3%増となる127億ドル(約1.3兆円)に上る。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、これまで以上に消費者がリアル店舗よりネットで買い物するのだ。自宅で過ごすことに慣れてしまい、外出を控えるようになったニューノーマルも影響している。

大手チェーンストアなどはブラックフライデーで、大々的なセールを行い実店舗にお客が殺到する事態を招けば、批判の対象になりやすい。

店内でクラスターが発生し、お客ばかりかスタッフまで感染のリスクにさらすようなことがあれば企業イメージを傷つけるような大問題に発展する。

また実際問題として、入店制限や時短営業を行うことで、多くの買い物客が店に入れないことになっている。

 では実際にコロナ禍のブラックフライデーはどんな様子だったのか?

金曜日の早朝5時からブラックフライデーセールを開始したウォルマートでは、これまでにないほどに店内は静まりかえっていた。

ソーシャルディスタンシングで行列の長さは伸びているもののオープン30分前でも80人程度しか並んでいないのだ。オープン直前の人数は確認できなかったもののオープン30分後の店内の様子から100人を超えるぐらいだったと想像できる。

ウォルマートはノーマルキャパシティの20%ほどの入店制限を行っているが、ブラックフライデーの開始直後では全くの入店規制を行っていなかった。

家電量販店チェーンのベストバイもオープン直前5分前を確認できたが行列の人数は20人ほど。午前5時のオープンもすぐに入店でき、これまでのようにテレビに群がるような気配もない。

誰もがゆっくりと買い物を楽しんでいるのが印象的だ。オープンから20分間ベストバイにはいたが、お客もそれほど増えず店内はまばらで寂しすぎるほどだった。広い駐車場に車が4分の1程度しか埋まっていないのだ。

ウォルマートに戻り、店内を歩いたがこれまでのブラックフライデーとしては最もお客の入りが悪い状態だ。人気の家電コーナーもそれほどお客はおらず寂しい。アイランド陳列されセールとなったブランケットや下着などにお客が若干群がっている程度なのだ。

 こういった傾向はウォルマートやベストバイにとどまらない。ブラックフライデーもリアル店舗の売り場からお客は消え、ほとんどはオンラインショッピングで買い物を済ませてしまうのだ。

 今日は異常事態にも見えるブラックフライデーの店内の様子を画像でアップする。

トップ画像:ブラックフライデーセールのオープン30分前のウォルマート。早朝4時30分の行列は80人ほどだった。

オープンから30分後、ウォルマートに入店。エントランスから真っすぐ伸びた主通路にはお客がまばらだ。

比較的混んでいる家電売り場も例年に比べれば客数は圧倒的に少なく酷い状態だ。スタッフも手持ち無沙汰のようす。

いつもならレジまでの長い行列ができて、クラウドコントロールするスタッフが大勢見張っているのだが...

3年前のブラックフライデー。オンラインからの影響を受け始めた時でも続々とお客は入ってきていた。

レジ行列も長く伸び、隙間もないほどだった当時が懐かしい。

ベストバイには5時5分前に到着。お客は20人ほど並んでいるだけだった。

午前5時のオープンもすぐに入店でき、これまでのようにセール品に群がるような気配もない。通路にはずらっとセール品が置かれているが、お客はいない。

目玉といえるセール品も少なく、レジも閑散としていた。スタッフも暇そうだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。ベストバイのブラックフライデーでオープン直後に入店できたのは18年ぶりぐらいでしょうか。2003年のブラックフライデーでは、朝8時からベストバイなどを視察するという研修日程がありました。が、結局、ものすごい長い行列ができていてグループは店に入れませんでした。その前年まではかろうじて店には入れたと記憶しています。

コロナ禍の今年は行列が短いだけでなく、ただただ、ガラガラで寂しい店内。通路にはずらっとセール品が置かれてはいますがお客がいないのです。いてもこれまでのような、どこか殺気立った雰囲気もなし。で、ベストバイのセールには70インチのサムスン4Kテレビが530ドルとか75インチでTCL製4Kテレビが500ドルなど激安品はありますが、必ずしも目玉というほどではありません。プレステ5が店が購入できるのなら行列も長くはなるかもしれませんが、それもない。わざわざ早朝起きなくても激安テレビはネットで余裕で買えるよね、ということなのでしょう。

 パンデミック終息後は、ブラックフライデーのような年1の大セール日にお店にお客をどうやって戻すのかが課題になってくると思いますね。

あわせて読みたい

「ブラックフライデー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  5. 5

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  6. 6

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  7. 7

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  8. 8

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。