記事
  • ロイター

台湾、今年の成長率予想引き上げ、第3四半期は4年ぶりの高い伸び

[台北 27日 ロイター] - 台湾主計総処は、今年の経済成長率は2.54%との見通しを示した。輸出の強い回復がコロナ禍の影響を補うとし、8月に示した見通し1.56%から上方修正した。新たな予想値は4年ぶりの低成長となるが、他のアジア諸国と比較すると回復が鮮明になっている。

第3・四半期の域内総生産(GDP)伸び率改定値は前年比3.92%。速報値は3.33%から上方改定され約4年ぶりの高い伸びとなった。

主計総処の高官は「上方改定は、輸出の上振れと域内投資が主因」と説明した。

2021年の成長率は、外需の「著しい回復」や、米中の緊張やコロナ禍を受けた供給網の見直しで中国から製造拠点を戻す動きを踏まえ2014年以来の高成長となる3.83%と予想した。8月時点の見通し(3.92%)からはやや引き下げた。

また、今年の輸出は3.84%増加、来年は4.59%増加すると予想した。

主計総処は、テレワーク関連のエレクトロニクス製品への需要が旺盛だったと説明。

第3・四半期は、当局のコロナ対応の景気支援策も寄与し、消費が前年比5.16%増加した。

台湾は、コロナの封じ込め策が奏功し、市中感染者が200日間出ていないが、当局は経済の不確実性への警戒を崩さず、1兆0500億台湾ドル(368億1000万米ドル)相当の景気対策を打ち出している。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  3. 3

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  4. 4

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  5. 5

    「SDGsな未来へ」が意味するもの

    自由人

    02月27日 11:16

  6. 6

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  7. 7

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  8. 8

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  9. 9

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  10. 10

    養老孟司が語る「コロナの壁」とは? パンデミックで暴かれた“日本的空気”の問題点 - 伊藤 秀倫

    文春オンライン

    02月26日 19:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。