記事

中国・王毅外相の尖閣発言

 中国の王毅国務委員兼外相による、「日本の偽装漁船が尖閣諸島周辺の敏感な水域に入る事態が発生している。」旨の発言は、許しがたい暴言であり、我が国は断固として反論しなければなりません。

 尖閣諸島は歴史的にも国際法上も日本固有の領土であることは明らかであり、そもそも自国の領域内において偽装する必要性がどこにもありません。

 偽装漁船という中国的な発想自体が、手段を選ばず現状変更を試みる中国の覇権主義を象徴しています。

 中国公船による尖閣諸島領海侵犯や領海外側の接続水域航行は今年になって激増しており、地元漁師や海上保安庁の負担、緊張が増え現場は疲弊しております。

 我が国の領土領海、国民の生活を守るための対策を政府に対して求めてまいります。

あわせて読みたい

「尖閣諸島」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。