記事
  • ロイター

携帯大手の「囲い込み」状況をモニタリング調査=武田総務相


[東京 27日 ロイター] - 武田良太総務相は27日の閣議後会見で、大手通信会社の携帯電話利用者がグループ内のメインブランドから格安ブランドに移る際に多くの手続きや手数料といった「囲い込み目的のハードル」があるとして、各社の対応を毎月モニタリング調査すると明らかにした。「消費者庁と連携し、自由な選択を阻害する制度にはしっかり指導していきたい」としている。

KDDI(au)とソフトバンクによる傘下の格安ブランドでの値下げについて武田総務相は「選択肢の広がりに対しては一定の評価をした」と述べた。一方、メインブランドから格安ブランドに移る際のハードルがある中では「ユーザーは料金が下がったという実感がわかない。何の意味もない」と指摘。モニタリング調査では「囲い込み目的のハードルへの対応などをしっかりモニタリングし、今後の電波割り当ての審査に活用していきたい」とした。

囲い込みの現状を踏まえれば「メインブランド(の料金)を下げてもらわないと、国民に実感を持ってもらえない」とも述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    ゲームストップ株暴騰 市場の宴

    ヒロ

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  9. 9

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  10. 10

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。