記事

東京都の改革に宇都宮さんが相応しい

宇都宮弁護士は東京知事には最適だ。宇都宮さんに行政経験がないなどの心配があるそうだがそれは心配無用。それどころか、宇都宮さんの方が東京都の改革には他の候補者よりはるかに相応しい。

1 宇都宮さんはリーダーとして十分実績あり。



宇都宮さんは日弁連の多重債務対策本部本部長代行、全国ヤミ金融対策会議代表幹事、オーム真理教被害者支援機構の理事長などを務めている。

これらの日弁連の組織は弁護士数十名から100名以上の弁護士集団の集まった組織体である。宇都宮さんはこれらの弁護士のリーダーとして、この組織を取り仕切り実績をあげてきた。

2010年4月から2012年の3月までの2年間は日弁連の会長として、右と左の弁護士、金儲け弁護士達がゴッチャに混ざった、約4万名の弁護士集団をまとめてきた。

宇都宮さんは自分の理念、考えをもちながら、それに突っ走ることなく、彼を支える弁護士達と協議・議論しながら、着地点を探し、これらのうるさ型の弁護士集団をまとめてきた実績がある。なによりリーダーとしての粘り強いのには定評があった。

石原などのように言うだけで、その方向に向けての粘りやネゴシエイション能力はケタが違う。

他方、日弁連などの運営に比べ、東京都の職員達へのリーダーシップは弁護士会の運営よりはるかに楽であろう。自治体の長は職員への指揮命令権、人事権を有しているからである。

2 しがらみがなく、国民、市民の目線での改革ができるのは宇都宮さんだけ。



宇都宮さんは中央官僚や国の審議会の委員などの経験がない。なまじっか、国や地方の審議会の委員などを長年経験すると、殆どの「有識者」「文化人」などは官僚、マスコミから「チヤホヤ」され、結局のところ、官僚に取り込まれて、様々な「しがらみ」ができてしまう。それに拘束され、改革・改善ができない。

猪瀬氏なども小泉改革の時に国の審議会の委員になったものだから舞いあがり、他の委員が殆ど辞任したのに、最後までその委員に固執し、官僚の筋書き通りに「少しだけ改善」案でお茶を濁したことがあった。

それ以降、これが評価され、猪瀬などは東京都に招かれ、副知事になり長く続いたのは、官僚にとって御しやすい人物であったからにすぎない。なまじっか副知事でいた為に、知事になっても、今までの副知事としての≪しがらみ≫ができ、これ以上の東京都の改革・改善などできっこう、ないことは明瞭。

宇都宮さんは中央官僚や国の審議会の委員なども長年した経験がない。長い間「国民・市民の目線」で国や自治体の政策・方針を見て、検証してきた弁護士である。これがかえって幸いである。

市民の目線、国民の目線で問題提起ができ、都庁の職員達もそれに刺激され改革ができるからである。

国家、政府、中央官僚の目線、しがらみ目線なら、地方自治体の長など誰がなっても同じで税金の無駄使いになる。

自治体の改革は「国民・市民目線」の改革が今求められているのである。これに相応しい知事が誰かが問われている。

3 自治体の行政は基本的には法律による運営が行われている。宇都宮さんは行政の運営の基本である法律を知っていることが強みだ。



法律は弁護士が一番得意とするところ。法律といっても自治体を規制している法律は多々あり、弁護士でも読んだことのない法律もあるが、法律を理解することに訓練されている弁護士はその条文を読むか、部下から説明を受ければ、その法律の目的、概要、規制内容をほぼ瞬時に理解できる点に強みがある。

私は自治体の首長の相談に多くのってきたが、弁護士出身の首長は理解が早い。 長年自治体に勤務してきた部課長でも「弁護士出身だとあれこれ説明しても、別の判例などの視点から、その意味は違いますと言われ大変です」という話しを聞く。

長年経験している部長らより、地方自治体の法律や運営に関して理解能力が早い。

4 法律の運用等について柔軟に適用・運用する能力を有している。



国会議員などの経験者はそれなりに、法律を読むが,しかし所詮官僚の説明を聞いて、理解する程度で、その法律の限界、まして柔軟にその法律を解釈して現場にあてはめる能力には欠けている。どこまでが許され、どこまですれば違法になるのか、違法ではないが、不当とならないか、その不当の程度で違法レベルに達しないか・・・・等の考え方は弁護士であるからこそ可能となる。

柔軟な運用解釈ができない元国会議員や元作家、元文化人などは、「ややこしい」こととなると殆ど官僚に丸投げすることが大半になる。

官僚の中にも優秀な職員も多数いるのでそれなりに経験を積んでいるが、傾向としては「保守主義的運用」が多い。何故なら上手くいかなかった場合にはその責任が生じるからである。

その結果、一番無難な「以前からこのようにしています」という説明になる。しかし「以前からこのようにしています」とい運用では自治体の改革はできない。

今東京都知事の候補者に名前がでている元作家の副知事、国会議員、元官僚出身の元知事とかでは、巨大化した東京という官僚組織の改革はできない。

石原知事は、国の法律や中央の官僚統制で東京都がカンジンカラメになっていると「泣いていた」が、それは彼は、法律などを東京都に柔軟に適用する法律の適用・運用能力が欠けていただけの話し。

法と国の規制をどう解釈し、どう適用すれば地方自治体として可能となるか、石原は官僚の言うことをそのまま鵜呑みにしていただけだろう。

5 弁護士は最終着地点をみて常に決断をする訓練をしてきている



国会議員経験者などの知事、市長は、世間受けするパホーマンスを良くする。しかし、最後にその結果はどうなるのかを見通す能力に欠ける。国会議員などはパホーマンスでも通用できたからである。

自治体の首長となると、パホーマンスだけでは意味がなく、かえって有害である。

石原慎太郎などはその典型であった。中小企業向けの銀行の設立などは格好だけで東京都に1000億円以上の損失を与えた。

尖閣列島国有化問題提案も結局のところ10数億金を集めたが、着地点も見通す能力に欠けた結果、そのママに塩漬けになっている。挙句の果ては、中国の反発を誘発し、何もできずに、両国の関係を悪化させ、日本の観光産業などに大きな損失を与えた。その挙句、何もできず知事辞職である。

田中文科省大臣とよく似たところがあって、打上花火だけはするが、その着地点をみない、見えない、国会議員の未熟さの反映である。

宇都宮さんは、弁護士経験が41年。弁護士は小さいことから大きな事件まで全てその時々において「依頼者」の為に最良と思う決断を迫られ、その訓練をしてきた。

しかも他の弁護士と違う点は宇都宮さんは日弁連の様々な要職を兼ねてきたが、理念、理想に走ることなく、又石原知事のような思いつきの提案ではなく、自分の頭で考えた上で、他の多数の弁護士達に諮って、実現する能力は、立派の一言に尽きるほど、たけている。

東京都の知事になっても十分通用するだけではなく、石原知事によって壊された都政に、その経験、能力が今東京都に必要とされている。

6 宇都宮さんが呼びかければ、全国の弁護士300名前後の弁護士が殆ど手弁当同然で、東京都の改革、改善を支援するだろう。



改革が進まないようだと、各課題ごとに、それらの課題について自治体の改革に経験のある弁護士を集め、改革派の東京都の職員達とそれらの課題について改革、改善する検討会や研究会、懇談会などもありえよう。

宇都宮さんが呼びかければ、殆ど手弁当で全国の弁護士の300人前後は十分に集まり、東京都の改革、改善の応援に駆け付けること間違いなし。これは何より宇都宮さんの強みとなる。

他の自治体の改革、改善経験を有している多くの弁護士の支援が可能となるのはそれらの弁護士達は宇都宮さんの今までの活動及び人物を高く評価し信頼しているからである。

一匹オオカミのどこかの国会議員候補者や自慢たれの元作家候補者らとは大きく違う点である。

あわせて読みたい

「都知事選2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  8. 8

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    今こそ、国民民主党の提案する30兆円の緊急経済対策を

    玉木雄一郎

    05月07日 16:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。