記事
  • ロイター

フィリピン中銀、デジタル銀行認可の枠組みを承認


[マニラ 26日 ロイター] - フィリピン中央銀行は26日、デジタル銀行の開業認可に関する規制の枠組みを承認した。2023年までにデジタル決済が資金決済全体の半分以上を占めると見込む。

中銀はまた、23年までにデジタル決済口座を使う成人が全体の7割を占めると予想。消費者の選択肢が広がり、ヤミ金融から遠ざけられると期待する。

中銀のジョクノ総裁は発表文でデジタル銀行について「市場の効率性を高め、フィリピン人に幅広い金融サービスの利用を可能にする取り組みで追加的なパートナー」になるとの期待を示した。

新たな規制の枠組みでは、デジタル銀行に分類された銀行は物理的な支店は設けず、全ての手続きをデジタルプラットフォーム上あるいは電子的に処理する金融商品やサービスを提供する。また、国内に管理やサポート業務のための本社を設ける必要がある。

デジタル銀行の申請件数によっては、認可数を制限する可能性があるとした。

外資系のCIMBとING銀行は既にフィリピンでデジタル銀行のプラットフォームを立ち上げている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    SNSが引き出した日本のトレンド

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。