記事
  • ロイター

都区部コアCPI、11月は前年比-0.7% 8年6カ月ぶり下落率


[東京 27日 ロイター] - 総務省が27日発表した11月の東京都区部消費者物価指数は、生鮮食品を除く指数(コアCPI)が前年同月比マイナス0.7%となり、2012年5月以来8年6カ月ぶりの下落率となった。ロイターが集計した市場予測に一致。都市ガス代、電気代で消費増税の押し上げ効果が剥落したことや、GoToトラベル事業が宿泊料の下押し要因となった。

エネルギーは前年同月比マイナス8.9%と、10月のマイナス5.6%から下落率が拡大した。前年10月の消費税率引き上げに際して経過措置が適用された都市ガス代、電気代などの公共料金について、CPI上は昨年11月から増税の影響が反映されており、今回その押し上げ効果が剥落した。

宿泊料は前年同月比マイナス34.4%。依然として物価下押し要因となっているが、10月のマイナス37.1%からは下落率が縮小した。10月からGotoトラベル事業に東京発着分が追加されたことで需要が高まったことが反映されたもよう。

総合指数はマイナス0.7%。下落率は13年3月以来7年8カ月ぶりの大きさで、10月のマイナス0.3%から拡大した。生鮮食品が下押ししたかたち。比較的天候に恵まれた結果、野菜の生育がよく、前年に比べて価格が低位安定していたという。

物価のより基調的な動きを示す生鮮食品・エネルギーを除く指数(コアコアCPI)はマイナス0.2%となり、下落率は前月と変わらずだった。

(杉山健太郎 編集:青山敦子)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  2. 2

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  4. 4

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  5. 5

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    コロナ闘病した医師が明かす教訓

    ABEMA TIMES

  10. 10

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。