記事

自民党は憲法改正、憲法を軽く考え過ぎてはいないか

衆議院憲法審査会が開催されました。

与党からの強い要望のもと、自民党などが提出している国民投票法改正案の審議も今日スタートするという重要なタイミングでした。

にもかかわらず、午前10時の開会の段階で、自民党の議員の席は半分近くが空席。こんなに多くの委員が委員会の時間に遅れてくるなんて極めて異例です。

しかも、結局、自民党の委員の出席が遅れたために、審査会の開会自体が遅れました。委員の到着が遅れたために、国会審議の開始自体が遅れることもこれまた極めて異例。

その後発言した自民党議員からは、「衆議院憲法審査会を毎週の定例日に開催して、精力的に議論すべし」ということも述べられていましたが、そもそも多くが審査会に遅れてくるなどという、とんでもないことをしでかしながら、しゃあしゃあと「毎週精力的に議論」などと言う、その神経が理解できません。

自民党は憲法改正というものを軽く考えているのではないか、もっと言うと憲法自体を軽く考えているのではないかと、本当にそう思います。
(下の写真は先週の衆議院憲法審査会の時の私の発言時のもの)

あわせて読みたい

「憲法審査会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  5. 5

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  7. 7

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ闘病した医師が明かす教訓

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。