記事
  • ロイター

航空業界団体、発着枠規則の特例延長求める 利用率縮小案も


[パリ 26日 ロイター] - 国際航空運送協会(IATA)などの航空業界団体は、新型コロナウイルス危機で大幅な減便を迫られている航空会社の発着枠について、2021年10月まで現行の特例措置を延長するよう求めている。

本来の規則では、航空会社は割り当てられた発着枠の80%以上を使わない場合、一部枠を他社に譲る必要がある。ロイターが確認したIATAや国際空港評議会(ACI)などの共同提案では、来年3月まで一時停止されているこの規則を延長するよう求めている。

これに対し、欧州格安航空会社(LCC)大手のライアンエアは「発着枠免除を21年夏まで延長することに反対する」とし、規則免除で大手航空会社が運航数を減らして価格を上げられる一方で、LCCの拡大は妨げられ競争をゆがめていると訴えた。

こうした懸念に対処するため、IATAなどは発着枠の利用率を50%に設定すべきと提案。こうした計画は、旅客需要が回復するまで「接続性を維持するために不可欠だ」とした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  9. 9

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  10. 10

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。