記事

巨人4連敗の悲劇を生んだ原監督の“王者の戦い方”

日本シリーズ4連敗の悲劇はなぜ起こったのか(原辰徳監督=中央。時事通信フォト)

 自らを“弱者”と認める潔さがシリーズ前に必要だったのかもしれない。2020年の日本シリーズはソフトバンクが4連勝で巨人を下し、4年連続の日本一に輝いた。開幕前からソフトバンクが圧倒的有利との見方が大勢を占めていたシリーズの合計スコアは26対4。巨人は初戦から1点、2点、0点、1点と、1試合で3点を奪うことすらできなかった。野球担当記者が話す。

「巨人は“王者の戦い方”をしてしまった印象です。昨年も4連敗しているし、戦力分析をすればソフトバンクに分があると、原辰徳監督を始めとした首脳陣はわかっていたはず。それなのに、相手に有利な指名打者(DH)制に賛同し、予告先発も採用した。仮に巨人とソフトバンクの力が五分五分なら、そんな戦い方でもいいでしょう。

 巨人はリーグ戦で10月、11月と負け越していたし、怪我で離脱していたセットアッパーの中川皓太、ベテランの亀井善行もシリーズにギリギリ間に合った状態で、万全とは言い難く、チーム状態は良くなかった。一方のソフトバンクは終盤に12連勝して優勝を決め、クライマックスシリーズでも連勝でロッテを撃破して勢いに乗っていた。正攻法で戦えば、負けることは目に見えていたはずです」(以下同)

 巨人は第1戦のエース・菅野智之だけでなく、2戦から4戦までの先発投手も早い段階で判明し、実際に報道通りのローテーションだった。

「セ・リーグでは自分たちの野球をすれば勝てるが、ソフトバンクには奇襲を仕掛けないと歯が立たない。せめて、予告先発を辞めて相手を撹乱させるべきだったのではないでしょうか。菅野以外の先発が頼りないのだから、1試合はリリーフ陣だけで賄う試合などがあっても良かった。原監督にはマスコミさえ騙す策士ぶりを見せてほしかった。今シリーズの結果を見れば、ソフトバンクと巨人は横綱と前頭くらいの差があった。それなのに、原監督はセ・リーグ2連覇の王者の余裕からか、横綱相撲を取ろうとしてしまった」

 全試合DH制採用も、巨人は1、2戦の亀井、3、4戦のウィーラーと先発指名打者が無安打に終わった。ソフトバンクは4試合ともデスパイネに任せ、打率は1割5分4厘に終わったが、第2戦は6打点と大活躍。今シリーズの最多打点王だった。

「もし野村克也氏や落合博満氏が今年の巨人を率いていたら、4連敗はなかったでしょう。あらゆる手を使って、相手を揺さぶり、少なくとも惨敗はしなかったのではないか。今年、原監督はV9の川上哲治監督を抜いて、勝利数で球団史上歴代1位になった。選手の操縦術は見事ですし、原監督でなければ昨年、今年とセ・リーグ2連覇はできなかったでしょう。しかし、相手と力量の差が明らかな短期決戦での戦い方は、名将と呼べるものではなかった。アンチが原監督を名将と認めない理由を作ってしまったのではないでしょうか」

 正々堂々と戦うだけがスポーツではない。生前、野村氏が唱えていた“弱者の兵法”こそ、日本シリーズの巨人に必要だったかもしれない。

あわせて読みたい

「日本シリーズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  6. 6

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  7. 7

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。