記事

憲法改正には反対の野党も、憲法改正手続き法の国民投票法改正法案の審議を拒否する理由はないはず

自民党は今日の憲法審査会での採決は見送ったようだが、とりあえず国民投票法改正法案の審議に漕ぎ着けたのはよかったと言うべきだろう。

憲法改正には不賛成でも、憲法改正手続き法の整備に反対するのは国民の代表者たるべき国会議員としては、国会議員としての職務を放棄するようなものだから基本的にすべきではない。

護憲、改憲の争いが続く中でようやく成立した憲法改正手続き法の国民投票法であるが、いくつか不備が指摘されていたのだから、その不備の是正くらいは速やかにやった方がいい。

実際に憲法改正の発議がいつになるのか分からないが、憲法改正権限は主権者である国民にしかないのだから、国会議員が主権者である国民の憲法改正権限の行使を妨げているように映るのは如何にも拙い、と言うべきだろう。

現在の国民投票法は、必ずしも公正とは言えないところがある。

特に国民投票運動に関するルールは、再考した方がいい。

あわせて読みたい

「国民投票法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。