記事

日本シリーズで巨人惨敗、「人気のセ・実力のパ」が取沙汰されたけど違和感アリ! あとDH制はセパの格差に関係ないぞ

 いやはや、日本シリーズ、まさかの巨人が2年連続の4タテでソフトバンクに敗れましたね。この惨敗については、DH制の云々やら、セ・リーグの他5球団があまりにも不甲斐ないことやら野球に詳しい方が色々書いているので私は何も言いません。ただし、今回ネットを見ていたら時々「人気のセ・実力のパ」という言葉が出ており、これに違和感を覚えました。

 元々この言葉は、観客動員数が圧倒的に多く、巨人の試合が毎晩地上波で放送されたいた時期のセ・パ両リーグを表す言葉です。川崎球場や日生球場の閑古鳥っぷりったらヒドかったわけで、パ・リーグのチームは滅多に注目されていなかった。

 だからこそ、全国中継されるオールスターになるとパ・リーグの選手が必死になり、オールスターでの勝率が高かった--このように解釈していました。

 しかし、今回「人気のセ・実力のパ」がレギュラーシーズン・交流戦・日本シリーズにおける「パ・リーグの強さ」として使われているように感じたのです。そもそも「人気のセ」も違うと思います。2019年の観客動員数を見てみましょう。

◆2019年

セ・リーグ:1486万7071人(平均:34655)
パ・リーグ:1166万9891人(平均:27203)

 確かにセ・リーグの方が多いですが、過去と比べれば差は縮まっています。

◆1970年

セ:654万2750人
パ:303万8530人

◆1980年

セ:1032万2000人
パ:579万7500人

◆1990年

セ・1202万人
パ・860万9000人

◆2000年

セ・1287万3500人
パ・956万7500人

◆2010年

セ・1230万8022人
パ・983万2981人

 段々とセ・パの観客動員数の差は縮まってきているわけで、「人気のセ」というのもどうかなぁ、と思うのですよ。「実力のパ」は交流戦とここしばらくの日本シリーズの結果を見れば理解はできます。では、過去の日本シリーズの覇者の結果を見てみましょうか。

【1970年代】セ:6回 パ:4回

【1980年代】セ:5回 パ:5回

【1990年代】>セ:5回 パ:5回

【2000年代】セ:5回 パ:5回

【2010年代】セ:1回 パ:9回

【2020年】パ・リーグ(ソフトバンク)

 これを見ると分かるのですが、2000年代までは両リーグ拮抗していたのです。2010年代に入り、途端にセ・パの実力差が出るようになったのです。「DH制云々」は多分違うのではないでしょうか。単純に、この10年ほどで育成方法、プレースタイルで大きな差がついただけでしょう。

 こうなったら過去に渡辺恒雄氏が提唱した「1リーグ制」、今こそ導入すべきでは?

 さて、突然ですが、フリーランスが稼ぐための方法をまとめた「月刊お気楽フリーランス論」、noteで書いています。フリーでがっぽがっぽ稼ぎたい方、ぜひともご購入いただければ幸いです。超実践的なこと書いてますよ~。

[画像をブログで見る]

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。