記事

ほう、維新が衆議院選に100人擁立。どこまで候補者の擁立が進むか、要注目。

最近は、期待していても期待外れのことが多いので、あまりのめり込まないようにしているのだが、維新と国民民主にはそれなりに期待している。

維新が次の衆議院選挙に100人の候補者を擁立するとアドバルーンを揚げたようだが、さてどこまで実現するか。

いい候補者を出来るだけ大勢擁立して、野党第一党の座を占めてもらいたいと思うが、実際にはなかなか難しいだろうと思っている。

まずは、供託金をどこまで用意出来るか。

どういう選挙態勢を組めるのか、ということも大事な問題である。
維新に追い風が吹いているように見えた時期もあったのだが、大阪都構想住民投票で敗れてしまって、維新の勢いはかなり弱まってしまったように見える。

コロナ感染者の急増で、肝腎の大阪がGo To トラベルの対象地から一時的に外れてしまったのだから、これでかつての勢いを取り戻すことを維新に期待するのは無理と言うもの。

関西方面はいざ知らず、関東・東北では維新の勢いは今一つだろうと思っている。

そういうことが分かっていながら、なおかつ維新の候補者として名乗りを上げてくれる人がどれだけいるか。

たかが100人だがされど100人、というところか。

さて、国民民主党はどうするのだろうか。

あわせて読みたい

「日本維新の会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。