記事
  • ロイター

米スペースXの衛星高速ネット、サービス開始遅れの可能性


[ワシントン 25日 ロイター] - 米国の宇宙ベンチャー、スペースXは24日、人工衛星を使って高速インターネット通信を提供するサービス「スターリンク」のベータテストを来年に入っても継続すると明らかにした。当初予定していた商業利用の年内開始の可能性は低くなった。

スペースXは地球全域をカバーするネットサービスのために2019年以降、900基近くの衛星を打ち上げている。

米連邦通信委員会への届け出では、2020年末にサービスを開始し、2021年には人口の多い地域をほぼ全域カバーすることを計画している。

一方、スペースXのエンジニアは24日、スターリンクのベータテストを来年初め、恐らく、1月か2月頃まで継続するとの見通しを示した。

スペースXの広報担当者は、コメントの要請に応じていない。

スペースXは、米電気自動車(EV)テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が設立した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  3. 3

    テレ東が先陣 マスク着用で好評

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  6. 6

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  7. 7

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  8. 8

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

  9. 9

    鼻マスク失格 秩序守った監督官

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    首相演説を批判 朝日に「何様?」

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。