記事
  • ロイター

ユーロ圏住宅価格、政府支援策期限切れで見通し悪化=ECB

[フランクフルト 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は25日、ユーロ圏の住宅価格について、今年上半期は各国政府の支援策で新型コロナウイルス禍による影響をよく耐えたが、支援策の期限切れで先行き見通しは悪化しているとし、検証が必要との見解を示した。

ユーロ圏では、新型ウイルス感染拡大の第1波を受けて各国政府が住宅ローン返済猶予や雇用保護などの対策を導入したことで、上半期の住宅価格は5%上昇した。

ただECBは、政府支援策が期限切れを迎える中、先行き見通しはそれほど明るくないと指摘。「国内総生産(GDP)、消費者信頼感、雇用見通しの悪化が住宅用不動産価格の重しになる可能性がある」とした。

ECBはこのほか、政府債務の増大にも懸念を表明。特に南欧諸国の状況が懸念されるとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  5. 5

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  7. 7

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ闘病した医師が明かす教訓

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。