記事

中国に助けられたオバマ大統領

10月16日に私は、「米中の為替茶番劇」と題する記事を書きました。憶えていらっしゃるでしょうか?

憶えていない?いいんですよ、別に憶えていなくても。しかし、あの当時、米連邦政府の半期に一度の為替レポートの議会への提出が延期されたことや、今年の5月頃から下がり出していた人民元のレートが9月頃から再び上がり始めていたことは、憶えておいて欲しいのです。

えっ、憶えていらっしゃる、それはよかった。

中国が、大統領選の終盤を迎え、中国の為替操作に対する批判を緩和するために、再び人民元レートを切り上げているのではないかとの噂が当時飛び交っていたのです。

そして米国の方も、幾ら政治家のなかに中国の為替政策を批判する声があっても、米連邦政府自身は、何故か為替報告書の提出を遅らせるようなことをし、中国と水面下で手を握り合っている、と。

私は、そのような状況を茶番劇だと言ったのです。

ところで、ながーい、ながーい大統領選が終了しました。

日本みたいに、与党の総裁選が終わるや否やあっという間に新しい総理が誕生するシステムとは大違い。

それに、日本の場合は、そうしてインスタントラーメンみたいに直ぐに出来上がる総理がコロコロ変わることも特徴です。

こういうのを今はやりの言葉で言えば、ファスト総理ということになるのでしょうか?

すぐ誕生して、すぐ消える。数年経つと、あの人が総理だったのか、なんて。

では、一度総理になれば、アメリカ並みに4年程度は総理で居続けることが望ましいのか?

多くの人は、大抵そのとおりと答えると思うのです。海外から軽く見られないためには‥また、じっくり腰を据えて仕事をするためには、どんなに短くても2年は総理を続けるべきだなんて。

しかし、言ってはなんなのですが‥小泉長期政権以降の、安倍さん、福田さん、麻生さん、鳩山さん、菅さん、そして野田さんのなかに、何人もっと総理の座に長くいて欲しかったなんて思う人がいるでしょう?誰かいます?

というよりも、日本は、そうやってすぐ総理を換えることができるので、最悪の事態を回避することができているかかもしれないのです。つまり、ベストとは言えないが、最悪の事態だけは回避することができる、と。

話がすっかり横道にそれてしまいましたが、アメリカの今回の大統領選では、中国がオバマ氏を
しっかりとサポートしたのをご存知でしょうか?

分かりません?

その前に、今回のオバマ氏の勝利については、幾つか理由が挙げられているのです。

ハリケーン・サンディが味方した、と。ハリケーンのためになくなった人には気の毒ですが、ハリケーンで被害を被った現地を現職の大統領として訪れたことがプラスになった、と。

私もそれについては否定するつもりはありません。しかし、何といってもオバマ氏が勝利した最大の理由は、ロムニー氏の話の中身が説得力に欠けていたからではないでしょうか?

私が思うには、オバマ大統領に対する期待は相当薄れてきていたので、ここでもう少し知的で説得力を有する候補者が登場したら、オバマ氏が敗れることもあったと思うのです。

でも、結局、ロムニー氏の言うことは威勢はいいものの、果たしてそれが実現できるのか、国民の
多くが確信を持てなかったということではないでしょうか。それに、どうしてもお金持ちの方ばかり向いているようで‥

しかし、ロムニー氏が敗れた一つの原因は、中国がオバマ氏を応援したからでもあったのです。

何故、中国はオバマ氏を応援したのか?

それは、仮にロムニー氏が大統領に就任するような事態になれば、彼が中国に対して強硬な姿勢を取ることが明らかであったので、そうした事態をどうしても避けたいと考えたからなのです。

では、どうやって中国はオバマ氏を応援したのか?

それは、ロムニー氏の発言の効果を薄めることによってです。

ロムニー氏は繰り返し言っていました。中国は人民元レートを不当に安くすることによって米国に輸出攻勢をかけ、そして米国の雇用の機会を奪っている、と。

現に、上にも書いたように中国は、今年の5月頃からむしろ人民元レートを切り下げていたのです。従って、仮に今回の選挙期間の終盤になっても、中国がそうした姿勢を改めなかったとしたら、益々ロムニー氏の主張が説得力を持ったでしょう。

しかし、実際には9月頃から中国は人民元の切り上げを再開した、と。そして、そうやって人民元レートがどんどん上がるのでロムニー氏の発言の迫力が薄れてしまったのです。

では、今、人民元はどうなっているのか?

まだ、大統領選後日も浅いので確たることは言えないのですが‥11月9日付のウォールストリート・ジャーナルは、「人民元はしばらく着実な上昇基調にあったが、中国の通貨当局はここに来てその抑制を始めた」と報じているのです。

つまり、ロムニー氏の大統領選出を阻止することができたので、これ以上人民元を切り上げる必要もないということのようなのです。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  7. 7

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  8. 8

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    東京五輪開催是非について口を閉ざすアスリートに疑問

    諌山裕

    05月07日 17:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。