記事
  • 東龍

コロナ禍で始まった5つのすごいテイクアウト&デリバリーの秘密

1/2
ストリングス・パフェ(ストリングスホテル東京インターコンチネンタル)/ホテル提供

テイクアウトやデリバリーが拡大

「Go To トラベル(Travel)」や「Go To イート(Eat)」も始まり、店内飲食が復調すればと期待しています。

しかし、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況では、テイクアウトやデリバリーの需要はまだ高く、ホテルや飲食店は力を入れていかなければなりません。

今では、ビジネスホテルからラグジュアリーホテルまで、居酒屋からミシュランガイドに掲載されるレストランまで、テイクアウトやデリバリーが至るところで行われています。

コロナ禍から様々なものが始まりましたが、特筆するベきものを紹介していきましょう。

クリスマス アフタヌーンティー(シャングリ・ラ ホテル東京)

クリスマス アフタヌーンティー(シャングリ・ラ ホテル東京)/ホテル提供

アフタヌーンティーはホテルの醍醐味のひとつ。お代わり自由な紅茶とともに、ホテルメイドのスコーンやスイーツ、サンドウィッチなどのセイボリーを、優雅なラウンジで楽しめます。

そんなホテルのアフタヌーンティーをテイクアウトして自宅で体験できるのが、シャングリ・ラ ホテル東京の「クリスマス アフタヌーンティー」(2名用、19,440円、税込)。2020年12月1日から25日にかけて販売されており、受け取り3日前までの要予約となっています。

テイクアウト専用のボックスは、円錐状になっており、見た目もスタイリッシュ。トナカイや雪だるまを模したスイーツ、赤や緑をバランスよく配した色彩でクリスマス感が満載です。

どうしてアフタヌーンティーのテイクアウトを始めたのでしょうか。

広報の津曲修二氏は「自宅で過ごす時間が増える中、カレーラクサやハンバーガーなどのテイクアウトを開始すると好評であった。『ザ・ロビーラウンジ』で人気のアフタヌーンティーもご自宅で楽しんでいただけないかと考えた」といいます。

アフタヌーンティーのティースタンドをそのまま持ち帰るような形状は非常にユニークでしょう。こだわりのケースは特注なので、サンプルを取り寄せて強度を確認するなどし、クリスマスシーズンにちょうど提供できる運びとなりました。

「大切な人ととはもちろん、ホームパーティーなどにお持ちいただければサプライズ感もあり、より一層華やかな時間が過ごせるのでは」といいます。

テイクアウトのアフタヌーンティーは同期間中に「ザ・ロビーラウンジ」で提供されるものとほぼ同じ内容です。ただ、テイクアウトでは、ヴェリーヌ(グラスデザート)を一口サイズのケーキにアレンジしたり、持ち帰る時にスイーツやセイボリーが滑られないように小さなトレイに載せて固定したりするなど、こまやかにアレンジされています。

春先にもテイクアウトのアフタヌーンティーを考えているということなので、特注のティースタンドにどのようなスイーツやセイボリーが並べられるのか、楽しみです。

ストリングス・パフェ(ストリングスホテル東京インターコンチネンタル)

ストリングス・パフェ(ストリングスホテル東京インターコンチネンタル)/ホテル提供

幾重にも層を成すパフェは、ちょっとでもバランスを失うと崩れてしまうもの。ホテルメイドの豪華なパフェをテイクアウトできるとしたら、多くの方が驚くかもしれません。

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルでは、「クリスマス・パフェ TO GO」として、「フレーズ」「ショコラ」「サパン」という3種のフレーバーを用意。好きなフレーバーを2つ選べる「デュオ・パフェ TO GO」(3,300円、税別)と、全てが入った「トリオ・パフェ TO GO」(4,500円、税別)をテイクアウトで販売しています。予約は既に始まっており、受け取り期間は2020年12月4日から25日。

パフェのテイクアウトなど聞いたことがありません。マーケティングコミュニケーションズ部長の徳田依子氏は次のように説明します。

「『ストリングス・パフェ』は2019年夏から提供している人気商品で、約2か月ごとにフレーバーが新しくなる。多くのファンがいらっしゃるので、ずっとテイクアウト向け商品を検討していた。そこにホテル初のクリスマステイクアウトの案が持ち上がり、デビューにちょうど相応しいタイミングだと考えた」

特にこだわったところはどこでしょうか。

「甘さや軽さといった味のバランス、ペアリングする素材と食感にこだわった。テイクアウト商品なので、店内で召し上がる『ストリングス・パフェ』と違い、アイスクリームが含まれていないのもチャレンジであった」

モミの木の蜂蜜「ミエル・ド・サパン」を使ったフレーバーを加えるなど、クリスマスらしいラインナップにも仕上がっています。

徳田氏が「ホテルショップがないので試行錯誤しているが、新しい形に挑戦していくことが大切だと感じている」と述べるように、通年メニューとして前向きに検討しているということです。

さらには、カフェ&バー「リュトモス」のアフタヌーンティーが人気なので、11月24日からは「ストリングス・アフタヌーンティー TO GO」と題して、テイクアウトのアフタヌーンティーも販売されるので、こちらからも目が離せません。

スイーツデリバリー(ホテルニューオータニ)

スイーツデリバリー(ホテルニューオータニ)/ホテル提供

パティスリーで販売されているスイーツは、ホテルの定番テイクアウト商品のひとつですが、テイクアウトではなく、デリバリーで配送してもらえるサービスが誕生しました。

ホテルニューオータニは日本最大手のタクシー会社である日本交通株式会社と提携して「お家でルームサービス」を開始し、第1弾となる「スイーツデリバリー」が2020年10月1日から始まったのです。

「パティスリーSATSUKI」の「スーパーモンブラン」(3,300円、税別)や「新エクストラスーパーメロンショートケーキ」(3,800円、税別)などを注文でき、商品の代金にデリバリー料金(地域によって異なる。2,000円~、税別)を加えれば、事前決済で自宅まで届けてもらえます。

このような画期的なサービスはどのようにして誕生したのでしょうか。

広報を務める小布施萌氏は「みなさまのライフスタイルが多様化したので、自宅にいながらもホテルメニューをお届けしたいと考えた」といいます。

コロナ禍においても「パティスリーSATSUKI」のスイーツは特に需要が高かったので、第1弾として白羽の矢が立ったということです。そして、日本交通とタクシーデリバリーについて話し合いを重ね、テスト走行等を実施し、安全性を確かめた上でサービス開始に至ったといいます。

特に苦労したところは、どこでしょうか。

小布施氏は「品質を保持したまま届けること、より多くの方に利用してもらえるようなデリバリー料金を設定することに腐心した」と答えます。

「スイーツデリバリー」は都内の多くの地域でデリバリー料金が定額になっているので、利用しやすくなっているのではないでしょうか。

今後はレストランの料理や花束付きのパーティーセットなどをタクシーで配送することも考えているということなので、ホテルのタクシーデリバリーはますます身近になりそうです。

あわせて読みたい

「グルメ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  7. 7

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  8. 8

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  9. 9

    小池都知事に「政治家じゃない」

    文春オンライン

  10. 10

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。