記事
  • ロイター

米当局、コロナ対策の中小企業支援融資で銀行の不正を調査


[ニューヨーク/ボストン 24日 ロイター] - 米当局は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた中小企業を支援する総額5250億ドルの融資制度「給与保護プログラム(PPP)」を巡り、銀行による不正行為の調査を始めた。状況に詳しい関係者6人の話や規制当局の文書などで明らかになった。

関係者はロイターに、銀行の役割についての調査はまだ予備段階で、正式な捜査に発展するかどうかは不明と述べた。ただ、不正に資金を得た個人に加え、一部の銀行が民事・刑事で責任を問われる可能性が大きいという。

関係者によると、司法省、監察官で構成するパンデミック対応説明責任委員会(PRAC)、中小企業庁(SBA)がPPPの規則あるいはその他の貸出規制に違反があったかを調べている。

司法省とPRACの広報担当者はコメントを拒否した。

SBAの監査総監室の広報担当者は、当局は銀行のみに焦点を絞っているのではないとして、PPPを巡る不正行為を明らかにする広範な動きの一環であると述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    ゲームストップ株暴騰 市場の宴

    ヒロ

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  9. 9

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  10. 10

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。