記事

給与所得者の平均給与が2012年以来の減少 平均給与436万円 /国税庁調査

国税庁は20日、「令和元年分 民間給与実態統計調査 -調査結果報告-」を公表しました。

[国税庁]令和元年分 民間給与実態統計調査 -調査結果報告-

給与所得者の1人当たりの平均給与は 436万円(対前年比 1.0%減)でした。対前年比がマイナスになったのは平成24年(2012年)以来のこと。



平均給与の内訳は。以下の通り。



年齢階層別の平均給与をみると、50代がピークのようです。



なお、年収1000万円以上の給与所得者は全体の6.7%、年収2000万円以上は1.3%でした。

あわせて読みたい

「国税庁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  7. 7

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  8. 8

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  9. 9

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    小池都知事に「政治家じゃない」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。