記事

検察官の取調べを受ける被疑者に対して弁護士が助言できる範囲

取調べの可視化が行われていない状況下で検察官の取調べを受ける被疑者に対して弁護人たる弁護士は、どこまでの助言が認められるか、というのは弁護士の倫理に関する重要問題である。被疑者の防御権を実効有らしめるために検察官の取調べを隠し録りすることも許される、とまで言う人は多分いないだろう。普通の弁護士は、被疑者に検察官の取調べを受けるまでに十分時間があるようであれば徹底的な事前トレーニングを施す。それこそ...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。