記事
  • ロイター

米FCC、中国ZTEの安全保障上の脅威認定を再確認


[ワシントン 24日 ロイター] - 米連邦通信委員会(FCC)は24日、中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)が米国の安全保障上の脅威に認定されたことを不服として、決定の見直しを求めていた申し立てを退けた。

FCCは6月、ZTEと華為技術(ファーウェイ)を正式に米国の安全保障上の脅威と認定。両社から米国企業が政府補助金を利用して通信機器を購入することを禁止した。

ZTEはコメント要請に応じていない。

FCCは先週、ファーウェイの不服申し立てについては「膨大な記録を十分に精査するため」12月11日まで判断の期限を延長すると発表している。

トランプ米大統領は昨年5月、国家安全保障上の脅威をもたらす企業の通信機器を米企業が使用することを禁止し、ファーウェイを禁輸リストに追加した。

FCCは12月10日、これらの企業の通信機器の交換を支援するための規則について採決を行う。

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。