記事
  • ロイター

インドネシア、海外市場で来年さらに起債へ=中銀総裁

[ジャカルタ 24日 ロイター] - インドネシア中央銀行のペリー・ワルジヨ総裁は24日、同国政府が来年、財政赤字の穴埋めのため、海外市場で起債を増やすことを明らかにした。

来年は今年に比べて市場のボラティリティーが低下する見通しという。国際金融協会(IIF)が主催したウェビナーで述べた。

総裁は「(財務相は)予算の財源を確保するため、海外市場でさらに資金を調達するだろう。海外での発行を増やす見通しだ」と述べた。

中銀は、新型コロナウイルス対策の一環で、融資促進や財政赤字の穴埋めのため、ルピア建て国債360億ドル以上を購入している。

今年の財政赤字は国内総生産(GDP)比6.34%と、数十年ぶりの高水準となる見通し。来年は同5.7%と予想されている。

総裁は、市場のボラティリティーが高まった場合に政府を支援するため、来年もルピア建て国債入札に応札する用意があるとしながらも、大規模な介入は予想していないと述べた。

総裁によると、新型コロナウイルスの流行がピークに達した際、国債入札での中銀の落札比率は20-25%に達したが、他の大半の入札では中銀の落札比率は5%を下回っている。

総裁は、来年の経済成長率を5%と予想。今年は「わずかなマイナス成長」になるとの見通しを示した。

総裁は、新たに成立した「雇用創出法」が景気の回復を支援するとの見方も示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  7. 7

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  8. 8

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  10. 10

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。