記事
  • ロイター

インドネシア、海外市場で来年さらに起債へ=中銀総裁

[ジャカルタ 24日 ロイター] - インドネシア中央銀行のペリー・ワルジヨ総裁は24日、同国政府が来年、財政赤字の穴埋めのため、海外市場で起債を増やすことを明らかにした。

来年は今年に比べて市場のボラティリティーが低下する見通しという。国際金融協会(IIF)が主催したウェビナーで述べた。

総裁は「(財務相は)予算の財源を確保するため、海外市場でさらに資金を調達するだろう。海外での発行を増やす見通しだ」と述べた。

中銀は、新型コロナウイルス対策の一環で、融資促進や財政赤字の穴埋めのため、ルピア建て国債360億ドル以上を購入している。

今年の財政赤字は国内総生産(GDP)比6.34%と、数十年ぶりの高水準となる見通し。来年は同5.7%と予想されている。

総裁は、市場のボラティリティーが高まった場合に政府を支援するため、来年もルピア建て国債入札に応札する用意があるとしながらも、大規模な介入は予想していないと述べた。

総裁によると、新型コロナウイルスの流行がピークに達した際、国債入札での中銀の落札比率は20-25%に達したが、他の大半の入札では中銀の落札比率は5%を下回っている。

総裁は、来年の経済成長率を5%と予想。今年は「わずかなマイナス成長」になるとの見通しを示した。

総裁は、新たに成立した「雇用創出法」が景気の回復を支援するとの見方も示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  2. 2

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  3. 3

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  4. 4

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  5. 5

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  6. 6

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  7. 7

    石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気

    女性自身

    03月04日 16:19

  8. 8

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

  9. 9

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  10. 10

    黄砂の飛来は中国の里山が破壊されたから。植林も砂漠化の一因だった!

    田中淳夫

    03月04日 15:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。