記事

掘り返されていく「歴史」の中の記憶。

1/2

昨日のエントリーでも触れた通り、今、世の中、そんなに良い状況とは到底言えない。

連休中、どこの地域でも病院が閉まっていた、ということで今日出てきた数字はおとなしめだったが、それでも1,200人超。これまでの「休み明け」では絶対出てこなかった数字なわけで、この祝日の間に、電話での「発熱等相談」が100件を超えてしまっている東京都で、明日どういう数字が出てくるか、想像しただけで恐ろしい。

「大阪市と札幌市だけ」という極めて消極的な手の打ち方で、当座を乗り切ろうとしている現政権が、近い将来「戦後最大の悲劇を招いた・・・」という形容詞で語られるようにならないことを今は願うばかりである。

だが、そんな状況にもかかわらず、日本株に群がる投資家たちは空前の上げ潮相場を演出中、ということで、本日も日経平均は一時700円を超える上昇っぷり

最高値は26,261.78円、終値でも 26,165.59円、と、新年の楽天的な占い師たち*1も驚くほどの展開になっている。

・・・で、そんな中、自分が最近注目しているのは、今年の高値を更新するたびに記事に登場する、「1991年〇月以来」というフレーズ。

今月に入って「バブル後最高値」とされていた2018年10月2日の高値2万4448円を突破して以降は、「29年ぶり」の記録更新のオンパレード。

同年11月の高値25,044.24円、10月の高値25,222.28円も難なく突破し、同年6月の25,912.61円をも突き抜けた26,000円台に軽く載せた後、今日再び突き抜けたのは26,200円台の壁。

高値ベースでは1991年5月14日(26,283.46円)以来、終値ベースではその前の週の1991年5月10日(26,274.29円)以来、という歴史の扉をこじ開けたのである。

あわせて読みたい

「日経平均」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。