記事
  • 女性自身
  • 2020年11月24日 21:32 (配信日時 11月24日 19:36)

「いい夫婦の日」結婚芸能人が今年は去年より激減した理由

11月22日は“いい夫婦の日”だ。ゲンを担いで、毎年この日に入籍する芸能人カップルも多いが、今年は去年に比べて結婚報告が少なかった。

今年の“いい夫婦の日”に入籍したのは2組。1組目は、元AKB48でタレントの野呂佳代(37)とテレビディレクター。野呂は自身のインスタグラムで入籍を報告し、婚姻届を提出する際に身分証を忘れ、2度行く羽目になったエピソードを明かした。2組目は、フリーアナウンサーの幸坂理加(32)と4歳年下の会社員。出会って7年越しのプロポーズで、夫婦そろって居住する仙台市の区役所に婚姻届を提出した。

一方、去年の“いい夫婦の日”は結婚ラッシュだった。

タレントの壇蜜(39)と漫画『東京都北区赤羽』などで知られる漫画家・清野とおる氏(40)、メイプル超合金の安藤なつ(38)と一般人男性、「Official髭男dism」ボーカル&ピアノ・藤原聡(29)と一般人女性、オードリー・若林正恭(42)と一般人女性、女優の川村ゆきえ(34) と「back number」ドラム・栗原寿、タレントの柳野玲子(38)と俳優の湯川尚樹(32)と、この日1日で6組もの夫婦が誕生した。

また、過去の“いい夫婦の日”を振り返ると、18年にはコロコロチキチキペッパーズのナダル(35)が一般人女性と入籍、17年にはタレントの吉木りさ(33)と俳優の和田正人(41)、モデルのMALIA.(37)と元Jリーガーの三渡洲舞人(27)なども入籍している。さらに過去には、02年に「globe」の小室哲哉(61)とKEIKO(48)、06年には女優の井川遥(44)とデザイナーの松本与氏といったビッグカップルも“いい夫婦の日”を選んで入籍していた。

今年の入籍が去年より少なかった理由について、芸能人のウエディングなども扱うブライダル関係者は次のように解説する。

「今年が少なかったというよりは、去年が特別多かったんです。いわゆる“令和婚”ですね。近年、入籍件数って毎年約1万組ずつ減少し続けているんですが、令和元年は縁起を担いで入籍件数が7年ぶりに増加しました。なので去年は“いい夫婦の日”に限らず結婚ラッシュだったんです。今年は、コロナの影響で結婚式は壊滅的でしたが、来年の秋以降の式場の予約は少しずつ戻り始めていて、式は延期だけど入籍は予定通りという人も多いです。去年よりも結婚報告が少ないのは、コロナの影響という訳ではないと思います」

来年の“いい夫婦の日”にはどんな夫婦が誕生するだろうかーー。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。