記事

11月24日(火)ムネオ日記

 日本共産党機関紙赤旗(11月19日)で、佐藤優さんが書いた月刊文藝春秋12月号「権力論 日本学術会議問題の本質」を一方的に批判している。

 私が読む限り、自然体での佐藤さんの考えだと認識している。

 「知の巨人」と言われている佐藤優さんが、月刊文藝春秋という媒体で書いたことを赤旗は
「根拠を示さず、事実をゆがめて、政権の行為を正当化する。典型的なフェイクニュースの手法です」
と書いているが、そうだろうか。

 
「佐藤氏の寄稿は『権力論 日本学術会議問題の本質』と銘打っています。フェイクニュースは『問題の本質』をゆがめます。『問題の本質』は、菅首相が違法違憲の人事介入で『学問の自由』を侵害したことにあるのですから」(社会部長 三浦誠)
と書いているが、日本学術会議の任命がなぜ学問の自由の侵害と一緒になるのか。

 11月11日、私が内閣に出した「日本共産党と破壊活動防止法に関する質問主意書」の答弁書が20日返ってきたが、明確に「日本共産党は、現在においても、破壊活動防止法に基づく調査対象団体である。また、同党のいわゆる『敵の出方論』に立った暴力革命の方針に変更はないものと認識している」となっている。

 これまでも、そして現在も破壊活動防止法に規定する暴力主義的破壊活動を行っているものといわれている組織が、佐藤優さんを批判する資格はないと私は考える次第だ。

 「ムネオハウス」などと造語を作り、正しくない、事実でないデタラメを言ってきた日本共産党である。

 私は佐藤優さんの考えに同調しながら、更なる世論アピールをして参りたい。

あわせて読みたい

「日本共産党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。