記事
  • ロイター

独11月IFO業況指数は90.7へ低下、第4四半期マイナス成長も


[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所が発表した11月の業況指数は2カ月連続で低下した。新型コロナウイルスの感染第2波を受けた行動制限の実施で見通しが悪化し、第4・四半期がマイナス成長になる可能性を示唆する形となった。

11月の業況指数は90.7。下方改定された10月の92.5から低下した。9月までは5カ月連続で上昇していた。

IFOのクレメンス・フュースト所長は「事業の不透明感が増した。コロナ感染第2波が景気回復を阻んでいる」と述べた。

指数の低下は今後6カ月間の見通しについて、企業がかなり悲観的になったことが主な要因だが、現状に対する見方も幾分悪化している。

IFOのエコノミスト、クラウス・ボールラーベ氏はロイターに、第4・四半期がマイナス成長になる公算が大きいことが示されたと述べた。

飲食店やホテル、娯楽施設などは2日から営業を休止しており、休業は12月20日まで延長になるとみられている。サービス部門の落ち込みは第4・四半期の国内総生産(GDP)を圧迫する可能性が高い。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    感染減 季節性よりGoToが要因か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  3. 3

    日本は親の資産で人生決まる国に

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ワクチン接種に消極的な日本人

    島田範正

  5. 5

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  6. 6

    日銀総裁 財政状況は極めて深刻

    ロイター

  7. 7

    マホト恋人の今泉が出した答え

    文春オンライン

  8. 8

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  9. 9

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  10. 10

    公明党のホープ 宣言下に銀座へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。