記事

「タクシーではおしりの下に手」「深夜に執拗な性的メール」…“福祉業界のドン”のセクハラを被害女性が告発《メール入手》 セクハラ・パワハラが横行する福祉業界の「闇」 - 中原 一歩

1/2

「初老の男性には麻疹のようにある、ひとつの現象ですけどね。一過性のことで誰にでもありますよ」

【画像】北岡氏がAさんに送ったセクハラメールの内容

「裸にしてみたことはあるけれど、それ以上のこと彼はできないんですよ。初老だから」

「彼はセクハラはしていません。あれは生理現象なんです」

 電話口の向こうの男性は声を荒げ、時に笑いをこらえるようにして、そう連呼した。この男性は東京・中野に本部を置く社会福祉法人「愛成会」理事長・井上庸一氏だ。

 そして、この井上氏が「彼」と呼び、必死にかばっているのが、すでに複数のメディアによって性暴力疑惑が報じられている滋賀県近江八幡市を拠点とする社会福祉法人「グロー」理事長・北岡賢剛氏である。

 2020年11月13日、2人の女性が北岡氏から性暴力を振るわれ、10年にわたりセクハラとパワハラの被害を受け続けたと告発。北岡氏とグローを相手取り、計約4254万円の損害賠償を求め東京地方裁判所に提訴した。


“障害者福祉のドン”北岡賢剛氏 「グロー」ホームページより

 北岡氏は今年の9月24日まで井上氏が理事長を務める愛成会の理事だった。

 冒頭は愛成会内で発生した北岡氏による性暴力、セクハラ・パワハラの実態について、理事長である井上氏の説明を聞くべく本人を直撃した時の受け答えの一部だ。

 井上氏がここまで守ろうとする北岡氏とは、いったい何者なのだろうか。現状、北岡氏本人からはこの訴訟について公での説明はない。いま、あらためて当事者や関係者の証言をもとに疑惑の背景に迫った。

障害者福祉の「天皇」によるセクハラ・パワハラ

 彼は、障害者福祉の世界では「天皇」と呼ばれている。

 社会福祉の業界でその名前を知らない者はいない。特筆すべきは永田町、霞が関との関係だ。その交友関係は幅広い。

 厚労族と言われる加藤勝信現官房長官、田村憲久現厚労大臣、衛藤晟一元内閣府特命大臣の信任が厚く、安倍晋三前総理にも顔が利く。また、一部の厚生労働事務次官とは下の名前で呼び合う間柄で、障害者分野を担当する政策統括官、参事官など霞が関にも太いパイプを持つ。

 そして、現在も厚労省の社会保障審議会障害者部会の委員や、内閣府の障害者政策委員会の委員を務めている。そんな障害者福祉の重鎮に浮かび上がった性暴力疑惑は、霞が関、永田町を巻き込んだ大問題に発展している。

 告発者の1人、Aさんは「愛成会」の現役幹部で現在40代前半の女性だ。愛成会では2003年から働きはじめ、2006年に常勤職員(主任)となる。その後、2015年4月からは愛成会の役員になっている。

 今年8月に都内の喫茶店で話を切り出したAさんは、怒りに震えながら10年以上にわたる北岡氏のセクハラを証言してくれた。

 障害者福祉の分野で働きたいと思っていたAさんにとって、北岡氏は雲の上の人だった。事実、北岡氏の障害福祉分野における貢献度は業界に関わる者の間では明らかだった。

 Aさんは、北岡氏が情熱を注ぐ障害者等の芸術文化事業に惹かれ、その門を叩いた。北岡氏は非常勤職員だったAさんの仕事ぶりを高く評価し、数年後には海外視察にも同行。2008年11月から北岡氏の右腕を務めるようになる。

 北岡氏がAさんに対してセクハラ、パワハラを繰り返すようになったのはこの2008年頃からだ。Aさんは当時をこう振り返る。

「電話は3コール以内に」「タクシーではおしりの下に手」

「仕事だから飲み会への参加は絶対だ、俺の電話には3コール以内に出ろ、できなかったら、常に電話を首からぶらさげておけと罵倒されました。北岡の指示に従わないと会議に呼ばれなくなったり、無視されたり、意図的に仕事を外されました。組織内における北岡の権力は絶対で、それに刃向かうことなど考えられませんでした」

 パワハラと並行して日常的なセクハラも続いた。

 仕事でタクシーに乗ると、北岡氏はAさんのおしりの下に手を突っ込んで触った。「やめてください」と拒絶すると、北岡はニヤニヤしながらその指を性的に動かす仕草をしてみせた。

 やがて、北岡氏のセクハラは徐々にエスカレートする。

 ある日、業務内容の確認のためにAさんが北岡氏にメールを送ると「ありがとう。好きですからね。きみは?」と書かれた返信が届いた。これをきっかけに、日常的に卑猥な言葉を綴ったセクハラメールが送られてくるようになる。

 実際のメールの文面からは、仕事上の上司と部下という当時の2人の関係性が分かるとともに、Aさんが部下の立場で北岡氏に常に丁寧な言葉使いを保っていることも見て取れる。にもかかわらず、北岡氏は上司という立場を利用して、Aさんのプライベートにまで踏み込んだハラスメントを繰り返した。

 北岡氏が好んで送りつけた言葉に「抱き上げる」がある。「こんにちは、抱き上げますけど」「抱き上げ、成功率は、何パーセント」など。これは「抱く=セックスをする」「上げる=成功する」を意味する造語だ。北岡氏は自分が送ったメールに反応がないと、電話をかけてくることもあった。

「電話したけど、通じない。男」

 例えば、こんなこともあった。その日、Aさんはひどく疲れていて、寝てしまった。翌朝、ケータイの画面を確認すると、北岡から次のようなメールが送られていた。

「電話したけど、通じない。男」

「やっぱり、男」

「ああああ、やっぱり、男」

「全く男」

「パーフェクトに男」

「サイアク」

 前日の23時から始まるこのメールは、日付が変わる午前3時まで続いていた。翌朝、このメールに気がついたAさんは、ゾッとして怖くなったという。

 また、同じ頃、北岡氏に仕事場の上司と部下という仕事上の立場を利用して北岡氏に呼び出された。2人きりになるなり、「ハグして」「好きだ」などと言われ、無理矢理キスされた。そして、Aさんはあの日に遭遇する。

 その晩、Aさんは仕事関係者数人との懇親会に呼び出された。普段はビールしか飲まないが、この日は北岡氏にビール以外のお酒をちゃんぽんで飲むように勧められ、ひどく泥酔してしまったのだ。

北岡氏が自分を襲おうと…

 再び意識が戻った時、Aさんは想像もしない場所にいた。北岡氏が宿泊する中野サンプラザのホテルのベッドの上だったのだ。しかも、洋服を脱がされた格好で、上半身裸だったのだ。下半身はまさぐられた痕跡はあったが、ズボンは脱がされていなかった。傍らで下着姿の北岡氏がいびきをかいて寝ていた。Aさんはその時、北岡氏が自分を襲おうとしたのだと直感した。

「その日、生理用のショーツをつけていたんです。下半身は覗かれたと思いますが、とても性行為ができる状態ではありませんでした。それでレイプは免れたのだと思います。急いで服を着て、部屋を飛び出し、停めていた自転車で自宅に戻りました。自分に起きたことを受け止められず、誰にも言えなくて放心状態でした。屈辱的な気持ちになり、ずっと床に転がって泣き続けました」

 時計の針は午前0時を回っていた。Aさんはこの日、誕生日だった。以来、Aさんは楽しみにしていた誕生日が、忌まわしい屈辱的な日となった。家族や友だちと誕生日を過ごしていても、毎年、自分が生まれた日に、加害者の顔を思い出さなければならなくなった。

 実は泥酔したAさんには断片的な記憶がある。

 それは、北岡氏と愛成会の男性役員に抱きかかえられて、北岡の部屋に連れて行かれる場面だ。部屋のドアが閉まる瞬間、その男性役員がニヤニヤしながら北岡氏に向かって手をふったのだ。これがAさんの最後の記憶だ。

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。