記事

TPP推進論者はラミーWTO事務局長の言葉を何と聞く

 野田首相がTPP参加を決断して解散・総選挙に打って出るという
仰天情報が駆け巡ってる。

 果たしてそうなるのか。

 一番困るのは民主党だろう。たちどころに内部分裂する。

 内部分裂を一番嫌っているのが輿石幹事長だ。早期解散・総選挙を一
番避けたがっているのが輿石幹事長だ。

 そして野田首相にとっては輿石幹事長こそ藤井裕久税調会長と並んで
最も大切にする同志であるはずだ。

 その輿石幹事長と敵対する形でそんな事ができるのか。

 私はあり得ると思っている。

 なぜか。それはTPPこそ日米同盟と並んで対米従属の両輪であるからだ。

 そして対米従属こそ野田首相にとって何よりも、誰よりも、重要な守護神で
あるからだ。

 たとえ離党者がでて民主党が少数野党になっても解散・総選挙してしまえば
関係ない。

 たとえ総選挙で大敗し、民主党が消滅しても、その後の政界再編では対米
従属派が勝ち残る。政権につく。

 自らもまたその中にとどまることが出来るからである。

 TPP参加問題は対米従属への踏み絵である。

 決して経済問題ではない。ましてや自由貿易体制を推進するものではない。

 それどころか自由貿易体制をその事を損なうものである。

 それを見事に証明してくれたのが11月5日の日経新聞「グローバルオピニオン」
に掲載されていたラミーWTO事務局長の次の言葉である。

 「・・・貿易自由化はどんな相手国に対しても同等の条件で進めるべきだ。関税
削減などで特定の国に与えた最も有利な条件は、他のすべての第三国にも平等に
適用する必要がある。この最恵国待遇(MFN)の原則は、損なわれてはならない。
増え続ける自由貿易協定(FTA)はどうだろう。特定の仲間だけを優遇する排他的
な枠組みになってはいないか・・・」

 政治的考慮からブロック経済圏づくりに走った末に第二次大戦につながったの
ではなかったか。
 
 その反省から生まれたのがGATTでありその後継のWTOではなかったのか。

 歴史を逆もどりさせようとする者は歴史から罰せられるだろう・・・

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  6. 6

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  7. 7

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  8. 8

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。