記事

料金引き下げと並んで

総務大臣政務官として担当している仕事の中で、世の中で1番関心を持たれているのが携帯電話の料金引き下げと言って間違いではないだろうと思いながら、いろんな国政報告会の時にもこの携帯電話の料金引き下げについて話を織り込むようにしているのだが、最近、料金の引き下げと並んで言われるようになったことがいくつかある。

まずは携帯電話の不感地域の解消だ。

携帯電話の料金が安くなりますよと話をすると、特に中山間地域等で「料金が安くなることも嬉しいがそれ以上にお願いしたいのが携帯電話がつながるようにしてほしい」とあちこちで言われる。

大手3社のうち1社しかつながらない地域もあれば、その1社もつながるのは家の外に出たときだけ。家の中にいて携帯電話がかかってきたら慌てて外に出るのがルーティーンになっている地域もある。

確かに地域を回っていると、あちこちで、携帯電話が通じることになっているが実際はそうでもないという地域の話を聞く。今も、携帯電話がつながらない地域にアンテナを立ててつながるようにする事業が存在しているが、要件がいろいろ。なかなか簡単に使えることにはなっていない。

携帯電話がつながるようにしてほしいと言う声は中山間地域を中心にして大きいと感じている。この声を形にしていかなければ。

それと並んで要望が強いのが、光ファイバーの整備。

放送網であれ通信網であれ光ファイバーを整備していくことに対する支援策はそれなりに存在しているものの、補助率が低かったり事業主体が限られていたりなど、これまたなかなか簡単に使えるものにはなっていない。

光が来てないことが企業誘致や移住の推進等のネックになっているとの声もよく聞く。これもまたなんとかしなければ。

合わせて聞くのが4Kテレビってどうなったの?という話や5Gっていつ来るの?という話。

それぞれ様々な取り組みが進められているのだが、わかりやすく説明をすることの大切さと難しさを現場で感じている。

あわせて読みたい

「携帯電話」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  7. 7

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  8. 8

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  9. 9

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    河野大臣は自民の救世主になるか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。