記事
  • ロイター

ロシア当局、対グーグルで行政手続き開始 禁止コンテンツ未削除で


[モスクワ 23日 ロイター] - ロシアの情報通信監督当局である連邦通信・IT・マスメディア監督当局(ロスコムナドゾル)は23日、米IT大手グーグルが検索エンジンから禁止コンテンツを削除しなかったとして、「行政手続き」を開始したと発表した。訴訟や最大500万ルーブル(約6万5670ドル)の罰金につながる可能性がある。

ロスコムナドゾルが「危険」とするコンテンツの最大30%をグーグルが削除しなかったとしている。その一部には過激主義的、わいせつ、自殺に関連した内容が含まれていたという。

グーグルのロシア事業はこの件に関するコメント要請に応じなかった。

ロシアの裁判所は8月に、グーグルが同国で禁止されているコンテンツをブロックしなかったとして、同社に150万ルーブルの罰金支払いを命じている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  5. 5

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  9. 9

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  10. 10

    SNSが引き出した日本のトレンド

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。