記事
  • ロイター

前場の日経平均は4日ぶり急反発、17日のバブル後高値を更新


[東京 24日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比669円27銭高の2万6196円64銭となり、4日ぶりに急反発。17日に付けたバブル崩壊後高値2万6057円3銭を更新した。取引時間中として1991年5月以来の高水準となっている。

週明けの米国株式市場は値動きの荒い展開となる中、上昇して取引を終えた。新型コロナウイルスワクチンへの期待感から景気動向に敏感なエネルギー株や工業株が買われたが、大型株が売られ、S&P総合500種とナスダック総合の上値は抑制された。

一方、外為市場ではドル/円が円安に振れ、これらを受けて日本株は朝方から買い優勢の展開。GoToキャンペーンの一時除外といった懸念材料がありながらも、反対に関連銘柄が総じて堅調となるなど「理屈抜きの上昇相場になっている」(国内証券)との声が聞かれた。

市場では「上昇相場の大きな要因は、積み上がったショートポジションの解消。完全な踏み上げとなっているが、ショートカバーに新たなショートをぶつけるような状況が続いている間は、上昇トレンドが崩れることはなさそうだ」(東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)との指摘もある。

TOPIXは2.22%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆4491億3700万円。東証33業種では、全業種が値上がりした。

個別では、トヨタ自動車、ソニーなど主力株が総じてしっかりとなり、東京エレクトロンが上場来高値を更新。半面、希薄化懸念からANAホールディングスがさえない。また、値下がり率ランキングの上位を、日経平均ダブルインバースなどベア型ETF(指数連動型投信)が占めた。

東証1部の騰落数は、値上がりが1884銘柄、値下がりが240銘柄、変わらずが52銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。