記事
  • SmartFLASH

松本人志がフェイスガード着用!『笑ってはいけない』バス“走行コース”に異変

 共演者への “ケツバット” を神妙な表情で見守る、松本人志(57)。口元にはフェイスガードを着用し、コロナ対策もばっちりだ。そして隣には、“おかっぱ姿” の浜田雅功(57)の姿も――。

 11月18日、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の大晦日特番『笑ってはいけない』シリーズの撮影がおこなわれていた。

「2020年は、撮影前に参加者全員のPCR検査を実施。トイレ後、食事前のアルコール消毒が徹底された」(番組関係者)

 3密防止のため、「恒例となっている “ネタ見せバス” のコーナーがおこなわれない」という報道もあったが、冒頭の写真のように、2020年もバスは走った。

「企画には、ダウンタウンの2人の意向が大きく反映されています。名物コーナーへのこだわりは、とくに強く、松本さんが『やる!』と言えば、スタッフたちは全力で実現させる方法を探すのです」(芸能関係者)

 例年は、学校などを借りてロケをおこなっていたが、2020年は日本テレビの「生田スタジオ」での撮影が中心。バスが走ったのも、近くにある「よみうりランド」周辺や、「読売ジャイアンツ球場」の駐車場など “読売グループ” の私有地といえる場所ばかりだった。“絶対に感染させてはいけない” 意志を、強く感じるが――。

「日本テレビは新型コロナ禍での撮影、番組制作に自信を持っているんです。というのも、各局が大型特番を自粛したり、規模を縮小したりするなか、『24時間テレビ』を成功させた実績がありますから。

『笑ってはいけない』も、そのときの “コロナ対策マニュアル” を参考に、撮影をおこなったと聞いています」(同前)

 感染対策は、“紅白超え” かも?

(週刊FLASH 2020年12月8日号)

あわせて読みたい

「ガキの使いやあらへんで」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。