記事

自己責任でなく政治の責任で

 今日は千葉尚子札幌市議と、以前にも足を運んだゲストハウスへ。コロナ禍で家を失った方への支援をおこなってきたのですが、その補助事業の期限も先月末まで。コロナ感染が急拡大するもとで、あらためて現状や課題をうかがいに来たのです。

 ゲストハウス「UNTAPPED HOSTEL」代表の神輝哉さんは、千葉市議の幼なじみ。7月にうかがった時に、受け入れを始めていました。ツイッター上の「死にたい」との書き込みを見た入居者が、「ここなら大丈夫」とメッセージを送ったところ、無事につながることができた--こんなエピソードを紹介した神さんは、「誰もが安心してくらせる社会を望みます」と、しっかりした口調で語りました。

 ゲストハウス自体の経営は大変で、雇用調整助成金の延長などを求めています。一方で、民間企業や支援団体などのネットワークで社会はあたたかくなるし、経済的にもまわっていく展望を神さんと語り合いました。生活困窮を乗り越えていく道は、多くの方とつながるなかで見えてくると確信しました。

 問題は、政府がそのような立場に立つかどうか。菅首相が強調する自己責任では、弱肉強食の社会が続くばかりです。当面の要求実現とともに、やっぱり根本から政治を変えねばと思いました。

 先だって青年学生後援会のキックオフ集会(オンライン)にも、一言あいさつにと参加。民青同盟が各地でとりくむフードバンクには、数十人規模で学生が食料品を受け取りにくるなど、青年学生の苦難も続いています。こういう時こそ「自己責任でなく政治の責任で解決させよう」と、青年たちが声をあげようとする姿が頼もしい。

 「若い皆さん、お金のことは心配しないで安心して学んでください」と、なぜ一国の首相が学生たちへ語ろうとしないのか。雇用やくらしを守るべく雇用調整助成金や休業支援金の活用も、なぜ青年たちへわかるように発信を続けないのか。首相や政府自身の、青年に対する基本姿勢がやっぱり問題だと痛感するのです。

 いつ解散・総選挙となるかはわかりませんが、若い世代とともに、いっしょに願いを実現しようと呼びかけたい。それだけの条件もじゅうぶんにあることも、わかりやすく伝えていきたいです。

 【今日の句】寝る家が 誰にも保障 されるよう

あわせて読みたい

「貧困」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。