記事
  • ロイター

WTO有志、パンデミック対応策で合意 医療品輸出制限自粛など


[ブリュッセル 23日 ロイター] - 欧州連合(EU)のほか世界貿易機関(WTO)の有志国で構成する「オタワグループ」は23日、医療用品の輸出制限の自粛などを含む感染症のパンデミック(世界的大流行)への対応措置で合意した。12月半ばにWTOに提出し、来年初旬にも加盟164カ国の合意を得たい考え。

オタワグループにはカナダのほか、日本、オーストラリア、ブラジル、チリ、ケニア、韓国、メキシコ、ニュージーランド、ノルウェー、シンガポール、スイスが参加。米国と中国は参加していない。

EU当局者によると、オタワグループはWTO加盟国による医療用品の輸出制限自粛などを望んでいる。EUの執行機関である欧州委員会の当局者は「来年3月ごろまでに策定できれば、パンデミックへの対応に間に合う」とし、新型コロナウイルスワクチンが配布される時期に重なると述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  7. 7

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  9. 9

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  10. 10

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。