記事

劇団ひとり43歳「ギャンブルで負けて、サラ金で借金200万…」が売れっ子芸人に“起死回生”するまで NHK「コントの日」劇団ひとりさんインタビュー #2 - 西澤 千央

1/2

コント師・劇団ひとりが語った“葛藤と転機” 「全部目立とうとする」のをやめた理由 から続く

【写真】劇団ひとりのインタビュー・収録写真を全て見る(17枚)

 コロナ禍、多くのエンターテインメントに関わる人間が、自分の生き方に向き合わざるを得なくなった。この世界の成功へ導くものは、才能なのか努力なのか、それとも……。「いつのたれ死んでもおかしくなかった」という若手時代を経て、芸人、作家、映画監督……現在多方面で活躍する劇団ひとり。そしてテレビでは朝から晩まで時間帯分け隔てなく活躍できる有能なタレントでもある。今劇団ひとりが仕事に対して思うこととは。「本当の劇団ひとり」はどこにいる?(全2回の2回目/#1から続く)


劇団ひとりさん

◆ ◆ ◆

春先からネタ打ち合わせを始める「コントの日」

――11月23日放送のNHK「コントの日」、スタッフさんとはどんな打ち合わせをされているんですか?

ひとり 毎回結構丁寧にやってます。収録が始まる数日前に台本を持ってきて、「今年はこんなコントをやろうと思います。どう思いますか?」と意見を交換して。今日もリハやって、「この部分はこうしたらどうですか?」ってスタッフに提案したら、思いっきり却下されました。

――却下(笑)。

ひとり はい。ちゃんと却下もしてくれる、いいスタッフだと思います。信頼できる(笑)。

――演者もスタッフも対等なんですね。

ひとり はい。大事なことだと思いますよ。そもそもここのスタッフさんは春先ぐらいからネタ打ち合わせを始めてるんです。

――早い!

ひとり それぐらいの時期からちょっとずつ会議して、「今年どんなネタやろうか」って。そこまで練られたものを持ってこられているんだから「このコントできません」とは言えない。本当に磨きあがったものですからね。頭が下がりますよ。

初年度にやった15秒ぐらいのジャンクション、僕がいろんな扮装をしてCMのパロディをやったんですけど、まあ本当に何日もいろんなところにロケに行ったり、スタジオでやったり。「15秒のやつだからサクッと撮りましょう」というようなことはなく、ちゃんとどのネタも同じぐらいのクオリティーのセットや衣装でやらせてもらいました。手を抜いているところは1個も見たことない。

――コロナの影響はいかがですか?

ひとり 僕も今年はさすがにできないんじゃないかなとは思っていたんですが、ちゃんとNHKのガイドラインに沿ってできると聞いた時は、すごくうれしかったです。ネタも、別にそこまでコロナ、コロナというわけじゃなく、かといって完全になかったことにするわけでもなく、そこら辺いい塩梅だと思います。

第7世代の台頭、これからの仕事に対する不安は

――先日、オアシズの光浦靖子さんのエッセイが話題になったんです。だんだん仕事が減ってきていると感じる不安な中で、もう一度人生を見つめ直そうと留学を計画したら、コロナでそれもままならなくなってしまった……という内容が共感を集めていました。ひとりさんは、今回のコロナだったり、ご自身の立ち位置だったり、第7世代と呼ばれる若い子たちが出てきたり、これからの仕事に対する不安みたいなものを感じることはありますか? 

ひとり 全くないというと嘘になりますけど、しょせんどうなるか分からないや、というふうにも思ってる。あと、そもそもが僕なんか本当に仕事がなかったですからね。借金も200万ぐらいあったし、全然テレビに出れない時間があったから、それに比べたらありがたいなといつも思ってるんで。本当に奇跡だと思いますよ。僕なんかのたれ死んでてもおかしくなかった。

――今はすごく真面目な番組でパネラーなどのお仕事もされているのに。

ひとり いや、ほんとに……ろくでもなかったですね。ギャンブル行って負けて、サラ金行って、そのまま朝の安い時間を狙って早朝ヘルスに行って。そこはちゃんと節約してたんですね(笑)。いやぞっとしますね。人生あのままだったら。たまたまどこかで歯車がいい方向に回り出して人生がうまく転がって、ありがたく今こうやってテレビに出させていただいて、家族を養えて、子どもも3人いますが。当時の僕の生き方からしたら本当に棚ぼたもいいところというか。

――なにがターニングポイントだったのでしょう。

ひとり うん……自分のことを全く才能がないとは思わないけども、じゃあ、この芸能界、僕と同じぐらいの才能があるやつなんてゴロゴロいるんですよね。やっぱり宝くじみたいなところもどこかあって。どこで誰とどんな番組に出会うかというのがすごく大事なんです。

 ライブシーンには同じようなやつがいっぱいいましたけど、みんな辞めていって、今は普通のお仕事をしている。一方で芸歴20年を超した、今でも全然食えてない後輩もたくさんいる。じゃあ、僕とこいつらって何の差があるの? というと、大差ないんですよ。「やっぱり劇団ひとりのほうがテレビに向いてるよ」と言われるかもしれないけど、それは僕がもうテレビに何年も出ていて経験値があるからであって、同じ経験をしていたら、そいつも間違いなく僕か僕以上になれてるはず。

ひとり たまたま番組に出会えなかったり、人に出会えなかったということだけであって、かなり運の要素が強い、この世界は。みんな売れてから「こんな努力をしました」って言うけど、みんな努力してますからね。才能だってちょっとした差だけだと思ってるんですよ。僕なんかよりも腕あるやつはいっぱいいます。それをたまたま、何か分からないけど、神様に選んでいただいて。しかもたぶん無作為に選んだんですよ。だってちゃんと選んだんだったら、こんな金借りてまでヘルスとか行かないちゃんとしたやつを選ぶでしょう。

――徳を積んでいる人を。

ひとり そうそう。

――朝はヘルスじゃなくてゴミを拾ったりする人を。

ひとり そう(笑)。たまたま僕が選んでいただいただけであって、本当に感謝感謝ですよ。だから、当然これを失うのは怖いけど、もう十分っちゃ十分。僕からしたら上出来なんで。いつでも覚悟はできてますけどね。いつでも文春来いと思ってますから(笑)。いや、嘘です。今のは嘘です。今のは本当に嘘です。

――(笑)。そう考えると、空気階段の鈴木もぐらさんが経済番組でお話しされてる……という未来も、あるかもしれない。

ひとり そうですよ。だって、僕が小説書いたりしてね。えらい売れたんですよ、あれ。100万部とか。世の中どうかしてたと思いますよ。

東京03、バナナマンも「才能あるのに世に出れない人たち」だった

――やっぱり“才能”の側面が大きいのでは。

ひとり 才能もありますよ、当然(笑)。それはね、ないとは言わないけど、でもそれぐらいの才能あるやつはいっぱいいるっていうことです。

 実際この世界に入ってくるのは、当たり前だけども、クラスや学校で一番面白かった連中。それが全国から来ますからね。そこで10年20年しのぎを削ってるやつらは、その中でも選ばれし者なわけです。だから、才能はほとんど一緒だと僕は思ってます。その最初に選ばれるというのは、やっぱり運。だって、芸能界なんて人様に比べたらずいぶん高いお給金をもらえるわけですから。一獲千金の世界、それを分かってやってるんだろうけど、やっぱり不平等な世界だなとは思います。

――なるほど。

ひとり だって、東京03だってここ数年でバーッと出てきたけれども、僕らからすると、今言ってた人たちの代表ですよ。才能あるのに世に出れない人たち、ほんの数年前までは03がその当事者でしたからね。「あんなに才能があって面白いコントをやってるのに、なんで出れないんだろうね」って言われる人たちだった。ああいう人たちがゴロゴロいたし。バナナマンだってそう。だから、今も苦しんでるけども、数年後には世に出てるやつがたぶんいると思うんですよ。選ばれ待ちっていう感じですよね。

あわせて読みたい

「劇団ひとり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  5. 5

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  7. 7

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  8. 8

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。