記事
  • 階猛

金融政策失敗のツケ回し-日銀総裁への質疑

18日、財務金融委員会で麻生大臣らに質疑を行いました。日本銀行が新たに始める「地域金融強化のための特別当座預金制度」が本当に「地域金融強化」につながるのか。その観点で、黒田日銀総裁にも質問しました。この制度は、今後3か年で、地域金融機関が6%以上の経費を削減したり合併や経営統合などを行ったりすると、「報酬」として、日銀に預けている当座預金に通常より0.1%金利を上乗せしてもらえるというものです。

しかし、経費削減や合併などを金利上乗せの条件とすれば、採算が合わない店舗や人員が削られ、業況が芳しくない事業者との取引が減っていくなど「地域金融強化」どころか、地域の金融機関が弱体化し、地域経済にとってマイナスになる危険があります。この点につき、黒田総裁の見解を尋ねると、「地域経済の持続的な発展に貢献する方針であることを要件としているので、この制度は企業や家計への貸出しを下支えする」と答弁。

そこで、「地域経済の持続的な発展に貢献する方針」の意味を尋ねると、「企業や家計の資金繰り支援を行い、コロナ後を見据えた企業の対応を後押しする経営方針」ということでした。まったく具体性がなく、経費削減の方とは異なり、明確な数値基準が定められていません。これでは、「地域金融強化」とは名ばかりで、金融機関のリストラだけが進みかねません。

そもそも地域の金融機関にリストラを促すような制度を日銀が始めなくてはならなくなったのは、日銀自体に責任があります。日銀の黒田総裁が就任して8年近くになりますが、就任時に掲げていた「お金の量(マネタリーベース)を2倍にし、年2%の物価上昇率を2年程度で達成する」という「公約」は、この期に及んでも達成されていません。

お金の量は当時の4倍以上に増やし、今も際限なく増やし続けています。おかげで株式市場はバブル以降の最高値となっていますが、コロナの影響で最近の物価上昇率はマイナスです。おまけにマイナス金利を長年続けたため、融資で稼げなくなった金融機関の経営が悪化し、今回の「リストラ促進制度」を導入せざるを得なくなったのです。

日銀は、3か月に一度、今後2~3年の物価上昇率の見通しを示す「展望レポート」を公表していま す。黒田総裁が就任してから、2年後に物価は2%程度になる見通しが長く続きましたが、常にこれを大きく下回る結果で実態は「願望レポート」でした。

ここ最近は見通しの時点で2年後に0.7%程度の物価上昇率に過ぎず、「願望」どころか「絶望レポート」になっています。金融政策が失敗したツケを地域金融機関に回し続け、それが難しくなると今度は地域経済に回すなど、もってのほかです。

あわせて読みたい

「金融政策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。