記事

厳しいプロスポーツ界のセカンドキャリア 将来を期待された力士・元大岩戸の新たな挑戦

1/2

高度経済成長期からバブル崩壊を経た現在、以前のように新卒から定年まで一つの会社で勤めあげる社会人は少なくなっている。「人生100年時代」と言われる昨今は長い人生の中で生き方が多様化し、また労働環境の面でも「平成」の時代では難しかった働き方が実現可能になったこともあり、多彩なキャリアを持つ人材が増えている。

社会人のキャリア、仕事と生き方を考える上で示唆に富むのがプロのアスリートたちだ。一般にアスリートたちは一つの世界で成功を果たすため、競技ジャンル以外のスキル形成に割く時間が持てず、また他の業界からキャリアを評価しづらいという特徴がある。

だが、こうしたハンデを持ちながらも、競技の世界での経験を生かし新しい世界で活躍するアスリートも少なくない。近畿大学時代に学生横綱を獲得し、将来を嘱望された元力士・上林義之氏もそんな一人だ。

共同通信社

現役時代に大岩戸義之の四股名を持ち、現在は日本相撲協会の理事長を務める八角信芳氏が師匠を務める八角部屋に所属した大岩戸。相手の心理を読む冷静な立ち合いと、格上力士でも苦戦させられる突きと押しを武器に、角界でライバルたちとしのぎを削った。2019年1月場所に優勝した玉鷲から2つの白星を挙げるなど、強敵相手でも物怖じしない気持ちの強さはファンを魅了したが、キャリアを通じてつきまとった腰のケガには勝てず、結局初入幕から14年、2018年5月場所前に引退を決めた。

断髪式には親交のあるボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太が駆けつけたほか、師匠の八角親方からも引退を惜しむ言葉が贈られるなど、成績だけでは測れない大岩戸の生き様、14年間の力士生活を生き抜いた堂々たる姿がそこにはあった。

共同通信社

苦労の多かった自身のキャリアを大岩戸自身はこう振り返る。

とにかくケガ、ケガ。良くなってきて、思い通りの相撲が取れてきたと思ったら、またどこかがおかしくなってしまう。そんな日々でした。ケガを言い訳にはできませんが、勝ち負けはもちろん、自分の思うような相撲が取れず応援してくれている人にいい報告ができないことが本当に悔しかった。

学生時代の実績や、土俵上での非凡な身のこなしに周囲の期待も大きかった。入門後、2年で十両昇進を遂げ、将来は大物になると目する好角家も少なくなかっただろう。当時は、朝青龍をはじめモンゴル出身力士が猛威を振るった時代。才能に溢れた日本人力士が入門するたびに、ファンはいつか外国勢と互角の争いをすることを夢見た。

ケガがなければどんな力士になったんだろうか、ということは何度も何度も考えました。でも段々とそんなことを言っても仕方のないことだと思うようになって。ケガをして、苦しんでいた時期が長かったからこそ、気づけたこともあります。

例えば、自分を支援してくれる人との関係の持ち方。強くていつでも結果が出る力士であれば意識することも少ないかもしれませんが、力士は本当にたくさんの人に支えられているんです。そうした人があって自分があると意識することを疎かにしている若手も目立ちます。

引退後の2018年からは、大学時代から旧知の仲であった先輩に声をかけられ、横須賀市内のレアメタル・貴金属回収業者でセカンドキャリアのスタートを切った。経験もなく、これまでに関わりのない業界で働くことに不安はなかったのだろうか。

力士というのは、世間で思われてる以上にオープンで柔軟な生き方が求められる“個人事業主”のような立場なんです。稽古相手やトレーニングの場は自分で見つけ、自分で強くなる長期計画を立てます。また、人との付き合いも大切な仕事であって、コミュニケーション力がなければやっていけない世界なんです。だから、新しい仕事に挑戦するのはとても楽しみに感じています。

2019年に、TBSのスポーツドキュメンタリー番組「バース・デイ」にも特集された大岩戸。同じ時期に自身の新しい挑戦についてこのように語っていた。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大学入学共通テスト「数学ⅠA」に受験生が苦戦 急激な難化は正当だったのか

    物江 潤

    01月25日 12:00

  2. 2

    何故、立憲民主党より維新の支持率の方が高いのだろうか

    早川忠孝

    01月26日 09:15

  3. 3

    オミクロン 高齢者に感染させないことさえできれば

    中村ゆきつぐ

    01月26日 09:23

  4. 4

    売上高が14%に減ったうえに…HISが苦しむ「800億円のキャンセル料」という重すぎる経営課題

    PRESIDENT Online

    01月26日 09:51

  5. 5

    虚構の美辞麗句。岸田総理・自民党の掲げるキャッチフレーズ「勤労者皆保険 」とは?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月26日 08:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。