記事

【SDGsの本質とは】子どもにツケを回さないために、今、私たちができること

1/2

【このままでは未来が危ない】

これは今から100年後の温暖化対策をしたニューヨークの CG写真です。
温暖化対策をしないとどうなってしまうでしょうか?

なんと水没してしまうのです。

 私たちの住む土地が水没してしまいます。また近年増えている異常気象の原因は、地球温暖化もその1つです。自分たちの世代には関係ないからいいの?逃げ切れる?私は子どもにツケを回したくないと考えています。
  このままの未来を回避するため、 持続可能な社会を作りたいと考え、私はSDGsに力をいれています。

 SDGsの本や資料や番組などで本質をついたものが少ないです。 PR記事みたいなの多すぎるということで、ざっくりと今回noteの記事にまとめることにしました。

 私は SDGsについてずっと取材したり、途上国で海外取材もしてきました。そして今は企業研修や出張授業、 SDGsの教材作りなどをしています。先週だけでも、みずほ銀行さん、リクルートさん、青森県庁さんなどで実施させてもらいました。今、「分かりやすく SDGsを伝えてほしい」という問い合せが毎日、この小さな会社 笑下村塾にきています。

【#子どもにツケを回さない】

 私が SDGsを広めたい訳について簡単に書かせてください。

 ふと、10年後、37歳の自分が「なんでこんな社会を作ったんですか」と出張授業で子どもたちに聞かれ、謝る姿を想像しました。そこから、とても寝つきが悪く、漠然として不安に襲われます。右からも左からも叩かれるよりも、未来の子どもたちに叩かれる方がつらい。

 子どもたちにツケを回さないために、今私たちができること、考えて、行動することを重視し本を出しました。

くもん出版「お笑い芸人と学ぶ13歳からの SDGs」

お笑い芸人と学ぶ13歳からのSDGs
www.amazon.co.jp
1,650円
(2020年10月11日 06:00時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する

https://www.amazon.co.jp/dp/4774330949/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_63pnFb9EPT42S

私たちの行動は、微力だけど、無力ではありません。

●本日、TBSにて SDGs解説

 TBSが、SDGsのキャンペーン「地球を笑顔にするweek」を明日から1週間実施します。
その一部ですが、初日の「グッとラック!」の SDGs解説をスタッフさんと一緒にこの本をもとに、考えさせていただきました。
 キャンペーン大使の指原莉乃さん、香川照之さん、安住アナと一緒にお家でできる SDGsを考えます!

 11月23日(月)あさ8時〜TBS「グッとラック!」
出演者:立川志らく、国山ハセン、田村淳、橋下徹、神田愛花、香川照之、指原莉乃、安住紳一郎、たかまつなな

 ぜひ、 #13歳からのSDGs とつけてSNSなどにご投稿いただけますとありがたいです。番組では尺が限られているため、noteで大切な点や紹介しきれなかった点をあらためてまとめます。

【SDGs、持続可能とは何か】

 今、地球が悲鳴を上げています。異常気象により災害が増え、世界から戦争は無くならず、貧富の差が広がり、海をプラスチックで汚しています。これらを解決し「持続可能な社会を作ろう」というのがSDGsの考え方です。
 SDGsとは国連がつくった世界を変えるための17個の目標です。

2030年までに共通の目標を作りました。

SDGsとは?
 Sustainable (サステイナブル)
 Development(ディベロップメント)
 Goals(ゴールズ)

 日本語にすると「持続可能な開発目標」。

 持続可能とは何か。例えば、貧しい人がいたときに、寄付をおこなっても、その人はそのお金がなくなったら生活できません。そうではなく、仕事を教えたら自分で働いてお金を稼げるようになります。

これが持続可能という考え方の一例です。

【なぜ今 SDGsか。企業が本気の訳とは】

◼️大企業がSDGsに力を入れる理由。

 なぜ、大企業は、SDGsに力を入れ始めているのでしょうか?

 お笑いの事務所、よしもとが国連に行ったり、味の素が本気でガーナの栄養改善に取り組んだり、トヨタが特設サイトを開設したり、セブンイレブンが二酸化炭素(CO2)排出を2050年までに実質ゼロとすると宣言したり……。

 今、企業はSDGsに色めき立っています。今までの国際協力の文脈と違うのは、国家やNPO・NGOのみならず「企業を巻き込んでいる」という点だと思います。

 日本の企業ではCSRのみならず、経営、人事などが取り組んでおり、中には管理職全員にSDGs研修を受けさせるほどの会社もあります。

 大企業がSDGsに力をいれる本当の理由。それは、儲かるからです。SDGsを会社として、取り組んでいないと信頼を失って利益が下がります。SDGsが世界の常識になったことを考えて下さい。

 SDGsに取り組んでいない会社と契約はやめようという発想にならないでしょうか。そう考えたときに、将来的に取引ができなくなってしまうことを危惧すると、今からSDGsに取り組もうという考えになっているのです。

あわせて読みたい

「SDGs」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。