記事
  • ロイター

米、ワクチン接種12月11日にも開始 政府責任者が見通し


[22日 ロイター] - 米政府のワクチン開発対応チームのモンセフ・スラウイ首席顧問は22日、新型コロナウイルスワクチンについて、承認の1─2日後、早ければ12月11日にも医療従事者など、優先度の高い人々への接種が始まる見通しを示した。

米国が集団免疫状態を達成するためには、3億3000万人の人口の70%程度にワクチン接種する必要があり、その目標を来年5月までに到達する可能性があるとした。

米製薬大手ファイザーは20日、独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用許可を米食品医薬局(FDA)に申請。FDAは12月10日に諮問委員会を開く。

米モデルナも12月中にFDAにワクチンの緊急使用許可を申請する見通しだ。

スラウイ氏は22日、NBCなど複数の米テレビ番組に出演し、12月半ばにファイザーの申請が認可されるとの見通しを示し「おそらく承認の1─2日後の12月11日か12日に米国内で第一陣の人々が免疫を獲得するだろう」と述べた。

スラウイ氏は、承認後の想定する段取りを説明。FDAが緊急使用許可を出すと、米疾病対策センター(CDC)などが、最優先の接種対象を勧告する。医師や看護師、最前線の医療従事者、高齢者など重症化、死亡するリスクが最も高い人が対象となる見込みという。

各州には、その人口の一定割合を供給し、州の保健機関が供給体制を管理する。

米大統領選挙で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領らは、トランプ政権がワクチンのデータ開示を拒否し続けていることに懸念をしめしている。

スラウイ氏は、円滑なワクチン供給を期待し、ワクチン接種の取り組みが阻害されることはないとの見方を示した。

米国の感染者は21日に1200万人を超え、死者は25万5000人余りとなった。

ロイターの集計では、感染者の増加ペースも加速している。過去6日間で100万人近く増加。1000万人から1100万人に増えた際は8日かかった。

ワクチン投与開始の見通しが立ったことは朗報だが、一般市民のワクチン不信は依然強い。最近のギャラップの調査では、ワクチン接種を受ける意向を示した割合は、9月時点(50%)からやや拡大したものの58%にとどまった。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  3. 3

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  4. 4

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  5. 5

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  6. 6

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    海外の超富裕層が集まるニセコ

    fujipon

  10. 10

    キャバが時短無視する本当の理由

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。