記事
  • krmmk3

録画保証金問題、最高裁で棄却、東芝側全面勝訴確定

コメントで情報をいただきましたので早速アップ。

東芝の勝訴確定=録画補償金訴訟-最高裁



以前、私的録画補償金管理協会が東芝(パナソニックも)に対し、デジタル放送専用レコーダーからの売り上げから録画保証金を協会に支払うよう要求していましたが、東芝は「レコーダーへの録画保証金はダビングの自由なアナログ放送を前提としたものである」と要求を突っぱねてきました。それで裁判となり、一審二審ともに東芝の勝訴、協会は上告して最高裁での逆転判決を狙いましたが棄却され、一審二審の判決が確定しました。

これは当たり前の話です。録画保証金はDVDやBDといったメディアからは支払われており、そのうえでそういうメディアに記録するレコーダーにも保証金を要求するのは、明らかな二重取りなのですから。録画に関しては以前からも「録画はそれ自体コピー」という解釈で移動一回だけ録画を"こぴぃわんす"などと発音させてレコーダーをメディアの一種とさせて来ましたが、ここに来てその前提がようやく覆ったといえます。これだけでも日本を録画規制大国にした責任者がどこにいるか分かりそうなものですけどね、それでも出てこないんでしょう。

多分手段を変えての事実上の再審要求などはないと思います。ボロボロになったテレビ市場、そのあおりを受けてさらにひどいレコーダー市場にそこまで無理をして保証金を要求する価値はありませんから。また、今回の敗訴は東芝に対しての訴訟の結果に過ぎず、私的録画保証金そのものが否定されたわけではないことは注意する必要があります。
次のターゲットは、すっかり当たり前になったテレビそのものの録画機能への保証金要求、すなわちハードディスクやフラッシュメモリへの保証金要求あたりじゃないでしょうか。これなら、録画という用途が滅んでも保証金だけは取れますからね。iPod課金が検討された過去を忘れてはいけません。

結局規制が撤廃されたわけでもなく、レコーダーもマニアのわたしですらあまり買い換える気の起こらない分野であることに変わりは無く、われわれの生活にはほとんど影響はありません。著作権業界はあれだけ国民一人ひとりの私生活に影響を与える規制や法律の施行をしておいて、争いとなると個人とは関係のないところでの金の無心と勢力争いばかりというその姿はあまりに滑稽です。こんな日本はいつまで続くのでしょうか。

あわせて読みたい

「ダビング10」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  6. 6

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。