記事

児童虐待 最多に

全国の児童相談所が、2019年度に児童虐待として対応した件数が19万3780件(速報値:前年度比21.2%増)に上ったことが、18日、厚生労働省のまとめでわかりました。

1990年度の統計開始以来29年連続で最多を更新しました。前年度からの増加数は3万3942件で過去最多でした。虐待の4類型のうち、最多の心理的虐待は10万9118件で、全体の46.3%を占めています。

心理的虐待に分類される、子どもの前で家族に暴力を振るう「面前DV(ドメスティックバイオレンス)」の警察からの通告の増加が目立つ、とのこと。コロナによる自粛、リモートワーク、職を失うなどの理由で、DVが増加していることもあり、児童虐待にもその影響が出ていると思われます。

身体的虐待は4万9249件(25.4%)、ネグレクトは3万3345件(17.2%)、性的虐待は2077件(1.1%)でした。加害者としては、「実父」が占める割合が年々上昇し、面前DVの増加が全体の数を押し上げた、と報じられています。

子どもと母親への対応だけでなく、父親が相談できる機会を増やすことも必要だと思います。児童虐待には、様々に取り組んできましたが、ずっと指摘されている児童相談所職員の数も質も上げることは、課題のままです。

政府は、2022年度末までに、児童相談所の児童福祉司を5260人程度にまで増やす計画で、児相職員1人が担当する虐待などの件数を40件程度にする、としています。現状では、首都圏のある児相では、職員1人が対応する虐待件数は、平均月50~60件で、非行や施設入所などの業務を加えると月100円に上る、とのこと。

これでは、1件ずつに親身になって対応することが、できません。是非、対応を急いでもらいたいと思います。また、虐待の情報は、警察の通告が全体の半数近くですが、近隣住民からの通告も増えています。周りの目と心づかいが、子どもの命を救うことにつながればよいとも思います。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。