記事

貴景勝、大関の責務果たす2度目のV 横綱不在&一人大関の優勝は28年ぶり2度目 来年初場所に綱取りへ

<大相撲十一月場所>◇千秋楽◇22日◇東京・両国国技館

 大関・貴景勝(千賀ノ浦)が、小結・照ノ富士(伊勢ヶ濱)を下し、13勝2敗で自身2度目の優勝を果たした。2横綱2大関が休場する中、一人大関としての責務を果たし15日間奮闘、賜杯を抱くことになった。横綱不在かつ一人大関の優勝は、1992年十一月場所の曙以来、28年ぶり2度目。

【動画】貴景勝が優勝を決めた決定戦(50分ごろ~)

 初日から8連勝で勝ち越し、九日目に前頭四枚目・翔猿(追手風)に敗れつつ、その後も連勝してきた貴景勝は、千秋楽結びの一番で元大関・照ノ富士と決戦。浴びせ倒しで敗れ優勝決定戦にもつれ込んだが、この日2度目の対戦では立ち合いから鋭い突き押しで圧倒した。

 2場所前にはけがのために途中休場もあったが、先場所は12勝3敗と復調すると、今場所は安定感のある相撲に終始。迫力ある立ち合いと重い突き押しで相手を圧倒し続けた。稀勢の里(田子ノ浦)が引退して以来、日本人横綱がいない状況が続いていたが、来年初場所は新年早々にも綱取りをかける場所となる。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    トランプ大統領「4年後会おう」

    ロイター

  8. 8

    竹中氏「菅首相の突破力は見事」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  10. 10

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。