記事

消毒ビジネスへの新規参入続々 トラブルが増加している背景

3月の札幌市、アルコール消毒液で地下鉄車両のつり革などを拭く清掃業者(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの感染拡大という混乱に乗じて、春先から「行政の委託を受けている」と業者を名乗り住居の消毒を勧誘する電話が都市部を中心に確認され、注意喚起がされていた。こういった勧誘電話はあからさまに怪しいのだが、もっと巧妙に「消毒ビジネス」に参入しているグループがいる。ライターの森鷹久氏が、自称除菌業者が跋扈し始めている実態についてレポートする。

【写真】高輪ゲートウェイ駅の消毒ロボット

 * * *

 1日あたりの新型コロナウイルスの新規感染者が、北海道で200名を超え札幌市では不要不急の外出への自粛の呼びかけが行われ、大阪府に続き兵庫県でも新規感染者数が過去最高を記録した。もはや「第3波」の到来とみて間違い無いかのようにも思えるが、この期を待っていましたとばかりに、舌舐めずりをしている連中がいる。

「あんなもん、単なる便利屋が専門業者のふりしてやっとるだけ。除菌剤シューってやって、雑巾でパッパッと拭いて終わり。モグリならまだまし。あいつらは全員素人で、除菌の『じ』の字も知らん奴らばかり。そんな業者ばっかりよ、今は」

 こう憤るのは、北海道内で長年清掃業者を営む望月勲さん(仮名・50代)。コロナの感染者数が増え始めた昨今「除菌業者」の元には数多くの問い合わせが入っていると言うが、そうした業者のうち、少なく無い数が、浅い知識しかない素人が運営していると指摘する。

「コロナ感染者がスタッフから出た、札幌市内の飲食店さんから電話がかかってきてね、除菌業者にきてもらったけど、どうもおかしいと相談されたんです。話を聞いてみるとね、次亜塩素酸水をたっぷり染み込ませた雑巾でとにかく店内全部を拭いて、次亜塩素酸水を噴霧して、それで何十万円も取られたというんです。部屋中ベタベタして営業もできない、ひどいありさまでした」(望月さん)

 新型コロナウイルスの第1波がやってきた時期、消毒用のアルコールがドラッグストアの店頭はもちろん、医療機関でも入手しづらくなった。そのとき、代用になると注目され広まったのが次亜塩素酸水を使う方法だ。だが、その有効性や安全性については科学的根拠が不十分だと言われており、大きな病院では使用されていないという指摘もある。

 厚生労働省は次亜塩素酸水について、限られた条件のもとに限り効果があり、拭いたあとはきれいな布やペーパーで拭き取ること、としている。また噴霧については、世界保健機関(WHO)や米国疾病予防管理センター(CDC)の見解を引用しながら、空間噴霧そのものを推奨しないとし、「空間噴霧用の消毒剤」として承認が得られた医薬品・医薬部外品は存在しないとしている。

 問題の業者は、その推奨されないことばかりを実施するだけでなく、件の「次亜塩素酸水」すらそう呼べるものか怪しいものを使用していたというのである。

「次亜塩素酸水が完全にインチキだ、とは言いません。やり方によっては除菌ができる場合もある。でも連中が使っているのは、聞いたこともない関東の雑貨屋が作っている液体。その液体を複数の素人業者が使っている。殺菌効果なんかほとんどないのでは」(望月さん)

 なぜ、そんな胡散臭い除菌業者に依頼してしまったのか。最近やっと客足が戻ってきたという飲食店だったから、店主も必死である。一刻も早く店を消毒し、客に安心して来てもらえるようにしたい、その一心だったのだろう。

「うちなんかは、もう手一杯。新たな問い合わせが来ても受けられない状況。そういう実情につけ込んでくるのが、消毒のことなんて本当は分かっていないインチキ業者です」(望月さん)

 西に弱った人がいれば行って食い物にし、東に助けを求める人がいれば、やはり食い物にする。シロアリ駆除や、災害で壊れた家の修理をするとやってきては、仕事をしたふりをして金だけ奪っていく。そういった犯罪といえば近年は全国の半グレグループが関わるものだったが、そんな彼らが、消毒ビジネスを見逃すはずがない。

「仕事にあぶれた若い連中を連れて、札幌近郊で消毒屋やってる集団がいますね。元々は違法な競馬の予想屋とか闇金をやっていたような人たち。消毒屋なら、しばらく食いっぱぐれもないということで、複数のグループが入り込んでいます。今後寒くなって感染が再び拡大すると、全国に同じようなグループが現れますよ」

 こう話すのは、都内在住の元指定暴力団幹部の男性(40代)。どんな逆境にあっても「金儲け」をしようとするたくましさにはある意味脱帽だが、人様を騙しているのであれば、やはりそれは糾弾されるべき。男性によれば、これらはかなり組織的に行われている可能性があるという。

「金持ちになりたくないか、社長にならないかといって若者たちをネットで集める。こいつらに、街金やサラ金でカネをつまませて(※借金させて)、一応法人を作らせる。情報商材系のマルチでもなんでもいいからやらせてカネを作らせて、半分以上をコンサル費として奪ったら、あとは知らんぷり。そういうのが横行していましたが、合法的にやれる消毒屋は、上がりこそ少ないがリスクが低い。法人設立からホームページやネット広告まで一式を『消毒屋開業』パッケージにして販売しているという反社系の人間も暗躍しているようです」(元暴力団幹部)

 思い出されるのは、夏の台風被害にあったエリアに、素性がよく分からない人たちが訪ねてきては、瓦が飛んだり穴が空いた屋根にブルーシートを雑に貼るだけで、法外な値段を請求してくるといったトラブルが多発したことだろう。ああいった業者も、実態があるのかないのかよくわからない法人名を名乗り、金に困った人たちや、右も左も分からないような無知な若者を連れてきては、作業員として働かせていたりもした。修繕のノウハウもないし、被災者はもちろん金に困った若者たちを助けるつもりもないし、分からないなりに屋根を直すつもりもない。全てが嘘、なのである。

「年寄りだけが住む家を訪ねて不必要なリフォームを押し付けてぼったくる手法から変わっていない。人の不幸があったら我先に行って荒らす。火事場泥棒と一緒。まあそういうのは昔からいたわけで、不安になっている人がいるだけで仕事になる。嘘でもいいからその場しのぎで安心だけさせれば、幾ばくかの金は入るし先行投資も何もいらない。詐欺師の部類でもいちばん下にいる連中、それ以下は泥棒とか強盗。コロナで人の動きが鈍い分、奴らはフットワークだけは軽いから好き放題やるんです」(元暴力団幹部)

「被災地域を狙った犯罪」ほど、卑劣なことはない。コロナ禍の混乱に乗じた犯罪も同様だ。彼らが狙うのは「冷静でいられなくなっている人」である。弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂、なんてことなにならぬよう、コロナ禍を生き抜くための冷静さを身に付けたい。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  7. 7

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  8. 8

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  9. 9

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。